・・・・ 美しいヌード  ・・・

                    自然とヌードのコラージュ作品

   

美しいヌード   < 独自性 >

個の持つ独自性について・・・ヨーロッパでありながら、シルクロードを通して東側(中国など)との交流も盛んであったビザンツ世界はギリシャ文化の継承とギリシャ正教会を基調としながらも、イスラム文化の影響もあったことから、文化的には独自性に欠けるともいわれます。 中国や朝鮮半島からの影響を受けながらも独自の文化を形成していった日本とは対照的です。 地理的条件によるところが大きかったと考えられます。 大陸の中央に位置するビザンツ世界と島国として孤立しがちな日本と・・・。

地域とか民族を超えた個(人)の独自性を考えてみたいと思います。 情報が多ければ多いほど他者からの影響は受けやすく、独自性は失われていくとも考えられます。 何か新しいことをやろうとしても、すでに誰かがやっていることを知ってしまうことにもなります。 アートの世界に限らず、「わが道を行く」的な在り方でないとそのモチベーションを保つことは難しくなります。

個性的であること・・・99%は誰かに似ていても、1%の独自性(オリジナリティー)があればよいと考えればよさそうです。 自己表現であるからには他者とは似ようがないという開き直りにも似た自信が必要かと思います。 また、過去に気に入った(自分の)作品があっても、それを真似ることは難しいことです。 時空が代われば、自分の真似をすることすら難しくなる・・・というのが現実でもあります。

情報量が豊かになり文化交流が盛んになればなるほど、地域や民族の独自性よりも個(人)の独自性が問われるようになっていくものと思われます。

「美しいヌード」として「女性ヌード・パステル画と壁のヒビ」とのコラージュ作品。 常識的な美意識から判断すれば、「ヌード美人」には見えないかもしれません。 人のあるがままの姿を「美しいヌード」として載せてます。 また、開脚のポーズとなってますが、ポーズにタブーはないものと考えてます。

 

共生と調和 紅葉に染まるヌード 人魚のような 昭和の民家を背景に

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com