・・・ 美しいヌード  女性人 ・・・

京都清水寺の写真を背景にした自然のイメージ画像

   

美しいヌード <芸術とアート・ヌードのイメージ画像>

日本語で使う「芸術」と「アート」の意味については、ほぼ同義として使うことが多いように思います。 芸術とアートの違いの違いについて、イメージ画像を載せながら考えたいと思います。 一昔前の言い方をすれば「芸術」、最近の言い方では「アート」というように。 「芸術的」の対義語は「通俗的」ということでしょうか。 「アート」の対義語はといえば、私にはよく分かりません・・・女性人ヌード。

幕末から明治維新以降に入ってきた「art 」を「芸術」と翻訳したと思われます。 翻訳したというよりは芸術という言葉を新たに作ったのでしょう。 日本人の自然観から考えれば、また、自然を神々の創造物と考えるなら、自然も芸術の中に入ってきます。 ところが、原語としての「art」の意味は「人が手を加えた、人工的な・・」という意味で使われます。 したがって、「art」の対義語は「nature(自然)」ということになります。 英語圏の人たちが art というものには自然は入ってきません・・・自然ではなく人工的な・・として使っているわけですから。 このような解釈の違いも、日本的な自然観と西洋的な自然観の違いに由来していると考えられます。 日本的な自然観が人を包み込む(人と一体感の持てる)自然と考えるのに対して、西洋的な自然観は対峙する(征服するための)自然と考えたからでしょう。 気候条件から考えれば、日本の自然は人に優しく、西洋の自然は人にとって脅威だったとも考えれます・制作者とモデルとの対談・後記

上の画像は京都清水寺の写真を背景にしてます。 子供の頃の修学旅行に京都には行ってますが、あちこちの寺や名所を観たのでしょうが、その記憶はほとんどありません。 その美しさや意味を理解するには子供には無理がありますね。 上の女性人ヌードのイメージ画像は、京都清水寺と女性人ヌードをコラージし、その後にグリッドを付けたものです・額の選び方・グリッドの取り方

 

色 怪しい・・ 肉感という官能美 モーツァルトを聴きながら

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com