美しいヌード ソフトよりアナログ

< 森に住む美しいヌード>

晩秋・森に住む少女・自然とヌード・・  秋の紅葉時にとった画像とヌード画の合成画像です。 森に住むヌードとも言えますし、森の木に腰掛けるヌードかもしれません。 アニメの一場面にこういう場面があってもおかしくないですね。 大人の女性を(美しいヌードモデルとして)描いてますが、森に住む少女のようです。 お絵かきソフトで描かれた絵よりアナログ絵画をオススメしたいですね。 とはいえ、こうして編集加工しながら「アナログ」ではなく「ソフト」を多用しているわけですが・・

 

 印象派とは言っても、その後期に入る画家(セザンヌ、スーラ、ゴッホ、ゴーギャンなど・・)は、印象派と言われる人たちがようやく世に認められるようになったころにはすでに一歩先を薦めていた。 前期印象派の画家が束の間の光を捉えることに成功したのであれば、自然や人物から受ける感動を新しい構造を作り上げていくと同時に、その形や色を提案していった。 これらを背景に、その後に登場するピカソやブラック、マティス、ルオーなどのキュービズム、フォービズム、カンディンスキーなどの表現主義を支えていったと思われる。

自然な姿をコラージュした画像

   

 じっと耐えているように見えますが、そうではなく、何かに耳を澄ましている、自然との共生を試みてる図と考えてください。 ここで合成画像として使ってる写真ですが、撮影のために何処かへ出掛けて撮った写真ではなく、散歩がてらに自然や街を歩きながら撮ったものであり、特別な拘りがあって撮った写真ではありません。 美しいヌードとのコラージュ画像として適している写真は、日本の模様・日本画的ヌードの絵巻物純日本的なイメージである着物の柄や秋の森の風景や街のショーウィンドーの写真であったりします・・・美しい自然を背景にしたヌードモデル。

 

森に住む女性ヌード・大人のイメージ画像

 上にある画像は、人と自然の共生をイメージしてますから、哲学的な印象はありますが、下は京都の自然とシュールな人物画とを組み合わせてますから、哲学とはいっても形而上学的な(シュールレアリズムな)感じがあります。 20世紀の絵画を一言で言えば、「シュールレアリズムの探求」とも言えます。 ところで、21世紀は何をテーマとしているのでしょう。 その時代を牽引しているという意味では「アニメの時代」ともいえますが、万人が容易に共有できるという意味での「安易さ」ではないとは思いますが・・

 

   美しいヌード鉛筆画・腰のライン 光り輝く森に住むヌード 振り返るポーズ

 

森に住むヌードの画像以外にも、ヌードクロッキー画や「イタリアの農夫の絵・イタリア的なもの」「花に埋もれる裸婦モデル」なども載せてます。 中世期の姿をそのまま再現してます。 ソフト画ですので、実物としての絵が手元にあるわけではありません、そのことが少し残念に思います。 ソフトであれば、途中段階でのキープも可能ですし、編集加工などもしやすいのですが、細かな描写においては、アナログで描く以上の繊細なタッチが必要です・レトロでアナログなイメージ。 ソフトで描くことのほうが、結果としては ”疲れる”こととなります。 森に住むヌードのような画像のソフトでも描けそうですが、アナログで描く以上の困難が予想されます。

 

花に埋もれる裸婦モデル 線のタッチのニュアンスを生かした美しいヌード 花屋さんのフォトを背景にした画像

 

Home サイトマップ 美しいプロポーション   コンテで描く   振袖と裸婦   撮影モデルと美術モデルの違い   森に住む   知性を感じさせる   ドレッシーな装い  勢いで描く   見えたままを描く   記録ではなく記憶するため   イタリア的なもの   モデルを褒めることの大切さ   褒められることの意味  自分を映す鏡   画材を工夫する   見えた通りに描く   どう見えてるでしょう? この絵   モデルのアルバイト   面白い合成画   真実味のあるヌード