美しいヌード モデル

色合いを生かした女性像

 

   

 

< イタリア的なもの >

  アート的であるための精神・アート感覚で見る絵・イタリア的なもの・・・ 背景は抽象画となってますから、アート感覚でないと見えない絵となってます・抽象画にも見えるヌード。 その意味では、感じるヌードということです。 出来上がった画像の印象からは、イタリア的なものを感じないでもありません。 ・・・美しいヌードモデルを前にしてクロッキーすること、そして、そのヌードクロッキーを基にして、色合いを生かした女性像を作成すること。

 

ヨーロッパ大陸を考えれば、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、オランダ、ベルギー、オーストリア、イギリスなど、それぞれの国の”らしさ”、”的なもの”はありますね。 アートの世界でいえば、イギリス的なものはあまりぴんときません。 オランダは、ゴッホの出身地もあり、ドイツ的なものはバウハウス時代の工業デザインであるとか機能美を感じさせるものを浮かべます。 フランス的なものは浮かびにくいのです。 なぜなら、生粋のフランス人は案外少なくて、ドイツ、イタリア、スペインや周りの国からやってきた人たちによってフランス的なものが作られてきた歴史があるからです。 フランスはヨーロッパ大陸の中央に位置するからなのでしょうね、近代に入って文化の中心的役割を担ってきたからですね。

 

   体のラインが重なるアングル 花模様のヌード 美しいヌードモデルの顔の表情

 

 

 

  

イタリア的な明るい色合いをもつ画像 美しいヌードモデル・尻 花とヌードモデルのコラージュ

Home サイトマップ 美しいプロポーション   コンテで描く   振袖と裸婦   撮影モデルと美術モデルの違い   森に住む   知性を感じさせる   ドレッシーな装い  勢いで描く   見えたままを描く   記録ではなく記憶するため   イタリア的なもの   モデルを褒めることの大切さ   褒められることの意味  自分を映す鏡   画材を工夫する   見えた通りに描く   どう見えてるでしょう? この絵   モデルのアルバイト   面白い合成画   真実味のあるヌード