美しいヌード ヌードを褒めることから始めましょう

親しみを感じさせるポーズ

 

   

 

< モデルを褒めることの大切さ >

 教育の現場などで言われる「褒めることから始める・・・」という意味とは少し違います。 モデルがヌードであれば、何も装ってはいないわけですし、これ以上、身を晒しようもないわけです。 ヌードであれば素晴らしいに決まってますから、それがいかに素晴らしいかを伝える必要があります。 服を装ってるならば服を代えればよいのですが、何も装ってはいないわけですから、その時点で、どう素晴らしいかを伝える義務(使命)にも似たものがあります。 その褒める言葉と真剣に作品にしようとする制作者の姿勢がモデルのその後のポーズに変化を与えていきます。 こういういい意味での循環(コミュ)の中に、いい意味での緊張感のあるステージが出来上がっていきます。 制作者は、ヌードモデルの美しさを褒めることから始めましょう。 よいステージを維持する・ステージを用意するための”基本”です。 安心感と親しみを感じさせるポーズ、そして憂鬱という現実。 楽しみながら描くヌードであると同時にアート作品として残していくための行為として考えてます。 アート作品の共同制作者としてモデルをして得したと思うことは?・・・ヌードモデルにたずねてます。 これからモデルを始める方に・・アドバイスを伺ってます。

 

 

   真後ろから見るヒップ 夜景 モデル ヌードモデルのウェスト

 

ビンの写真を撮るような場合もそうですが、美しいヌードアート画像として撮っているわけで、どのようなビンかを説明するために撮っているのではありません。 したがって、ビン全体がしっかり入るアングルなどを考えることもありません。 基本的に、上手に撮ろうという気はないのですね。 写真を褒められようと思う気持ちもありません。

 

モデルを褒めることの大切さ・・・は言うまでもないことですが、モデルの表現する意思が強ければ強いほど、褒めることよりモデルの勢いと対峙する事のほうが現実味のある ”問題” となります。 モデルの勢いに押し切られてしまうこともありうるわけですから。

珍しい花とモデルのボディーのコラージュ エロティックな後ろ向きのポーズ 下腹部の図

 

Home サイトマップ 美しいプロポーション   コンテで描く   振袖と裸婦   撮影モデルと美術モデルの違い   森に住む   知性を感じさせる   ドレッシーな装い  勢いで描く   見えたままを描く   記録ではなく記憶するため   イタリア的なもの   モデルを褒めることの大切さ   褒められることの意味  自分を映す鏡   画材を工夫する   見えた通りに描く   どう見えてるでしょう? この絵   モデルのアルバイト   面白い合成画   真実味のあるヌード