美しいヌード コンテや鉛筆・チャコールペンで描くヌード

凛とした堂々としたモデルの姿

 

   

 

< 画材を工夫する >

美しいヌードはコンテと鉛筆を使ってヌードを描いてます。 画材を工夫すること画材を工夫する ヌードによって、絵もそれなりに変わります。 上の画像は、スケッチブックにHBの鉛筆で薄く外形を描き入れます。 それから、コンテで "大胆”に描きいれていきます。 その後に、B〜8B の鉛筆を使い分けながら、細かな描写まで入れていきます。 ヌード画だけではなく、(絵であればすべて)画風を考える前に、画材の選び方が絵を決めてしまうこともありますから、画材選びはとても重要です。 サイズは25x30cmくらいです。 クロッキー会などでヌードを描くのであれば十分な大きさでもあります。 持ち運びにも便利な大きさですね。 初心者の場合は出来るだけ大きなスケッチブックを使うことをススメます。 美しいヌードモデルの全身を描くようにすることが基本だからです。 また、下に載せているのは、グリッドをつけた素材の組み合わせから生まれる素材としてのヌードコラージュ画像になってます。

 

 

   美しいヌード鉛筆画 素材の組み合わせから生まれるフォト 美しいヌード・チャコールペン画・わきの下

 

ここに載せてる画像は、美しいヌード画と東京湾の海洋公園(フェリーの発着所)で撮影した六月の午後曇りの夕方の画像です。 もともとは東京湾の中でも最も汚れていたエリアなのでしょうが、今はすっかり綺麗になってます。 見た目だけなので分かりませんが、魚釣りも出来そうですし、その魚も食べられそうです。 高度成長期の汚染から、この海の生態系も変わってしまったとも聞きます。 ただし、ここの正面に見えるお台場にある海岸は遊泳禁止だそうです。 なぜなら、水質も問題なのだそうです、まだまだ、一度汚した海はなかなか元には戻らないのでしょうね。

 

 

  

油絵的な工夫をされた画像 美しいヌード鉛筆画・お腹 画材・日本画的な色彩

 

Home サイトマップ 美しいプロポーション   コンテで描く   振袖と裸婦   撮影モデルと美術モデルの違い   森に住む   知性を感じさせる   ドレッシーな装い  勢いで描く   見えたままを描く   記録ではなく記憶するため   イタリア的なもの   モデルを褒めることの大切さ   褒められることの意味  自分を映す鏡   画材を工夫する   見えた通りに描く   どう見えてるでしょう? この絵   モデルのアルバイト   面白い合成画   真実味のあるヌード