美しいヌード ポーズにもマンネリ化が生じる

イリュネーションの中の女性モデル

 

   

 

< 提案することの大切さ >

  イリュネーションの中に見る女性モデルでしょうか。 美しいヌードモデルと制作者が提案しあうポーズ・・・ 美しいヌード美術モデルのコラージュ画像です。 制作者もヌードモデルも、ポーズはもちろんのことステージを用意することや光の加減など、互いに提案していくことが大切です。 今日はこういう設定でいこぅ・・とか、次回はこういうのはどうだろぅ・・とかという提案です。 ステージでは、室内空間が限定されることは仕方のないことですが、モデルが掴る物(場所)や腰掛ける椅子などの設定に工夫が必要です。 工夫がなければ、ヌードポーズにもマンネリ化が生じてくることがあります。 

 

モデルとはマネキンと同様なのです・・・こう言われるカメラマンはいます。 背景の設定から、衣装から小道具やら装飾品やら肝心なポージングまで、細かな指示をモデルに出していくことになります。 あくまでも、モデルはモノと化し、カメラマンの道具となって作品撮りに協力していくことになります。 ・・・なるほどな、と思えることもありますが、私にはできないと言うか、既にそのほとんどをモデル任せにしていることです。 それでも、自分で自分を評価することは難しいかもしれませんが、それなりに上手く行ってると思われます。

 

   美しいヌードポーズ鉛筆画・手 壷の写真 美しいヌード鉛筆画・腹の図

 

中腰のヌードポーズ・・・自分が制作する姿には客観性はありません。 他の方たちがどのような話(提案)を交わしながら制作を進めているのは知りませんから。 無言で進めていくこともあれば、話しながら制作していくこともあると思います。 どちらにしても、制作者と(ヌード)モデルの集中力の持続を前提としていることだけは確かです。 至近距離で見る肉体のダイナミズム。 コラージュ画像として生まれてくる詩的夢空間としてのヌードであってりします。 ヌード オレンジの灯の下はコラージュとしてはかなりの自信作です。 鉛筆画と写真を重ねることもあり、陰鬱な画像になったりします。 ブルーな空間 理想と憂鬱は少し暗がりの空間を感じさせます。 もともとは、ヌード鉛筆画を原画としてますから、エロく見えるヌード作品であることは当然ともいえます。

 

 

  

ショップの看板 豊満で豊かさを象徴する胸の図 茶室でヌード

 

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント