美しいヌード ”制作”という行為をとる

制作への過程とヌード画像

 

   

 

< 感性が先行する人たち >

  論理でなく感性が先行する人 ・・・ 人は創造的・クリエイティブであれば、当然のごとく感性が先行していきます。 論理的な人たちは、言葉の論理で物事を考えますが、創造的な人たちは、感性によって先に答えを得ている人たちであり、その答えに結び付けるために”制作”という行為をとります。  ・・・上の画像は、ブティックのショーウィンドーと美しいヌードのコラージュ画像です。 銅版画のように見えるヌード絵も見えます。

 

「感性」について考えるとき、シャガールを例にとって見ましょう。 彼は、ロシアとポーランドの境にあるヴィテブスクという街で生まれ育ちました。 彼の両親がユダヤ人でもありユダヤ教徒に囲まれて育ちます。 文化活動が盛んな街とは離れた寒村での生活はシャガールの感性に大きく影響したと思われます。 作品を見ていると、神々と霊を交わす行為が行われる日々を送り、どの環境を生涯愛したと思われます。 パリに渡った後も生涯このヴィテブスクの思いを郷愁として描き続けていたものと思われます。 初期作品の多くは、このヴィテブスクの回想に捧げられるといってもよい。 シャガールが最初にパリにやってきたのは1910年であったから、ピカソやブラックなどのキュビズムが注目を集めていた。 当然のようにその影響を受けるのだが、人の心の在り方・シャガールにとっては回想であり郷愁であったのだろうが、生涯それらから離れて作品制作することはなかった。 感性が先行するアートの中でも、キュビズムには合理性を、シャガールは非合理性を追求していたことになります。 自然よりも超自然を・・・この点においてはワシリー・カンディンスキーと似ている・・・外から見る形態・フォルムよりも内像を描くことに生涯の時間を費やした思われる・・・このようなシャガールの芸術は「シュルナチュラル」と呼ばれた。 ワシリー・カンディンスキー:表現主義・インプレッショニズムの画家としてシャガールと同時代に生きている。 ロシア出身であり、その後ドイツなどに渡り制作活動していくにおいて、風景画(実際に見て描いたのではなく、制作の行為として、回想・郷愁として描いている)の作風においてもシャガールと共通するところが多い。

 

美しいヌード・サムネイル画像 ヌード絵画 光景 人体デッサン画像

 

   横に回転した尻 銅版画のように見えるヌード絵 モデルの腰のライン

 

上のような画像を作るのは、感性がさせることではなく、”あてぞっぽぅ”がさせることです。 要するに、”適当”にやっているだけです。 その適当にやったことの中から、何を選ぶかは感性によるのだとは思います。 コンセプトがあって上手くいくことと、とりあえずやってみて結果上手くいくこととあります。 結果がよければ、どちらでもよいと思います。 絵を描いていても、自分の感性の領域みたいなものがあって、その中で治めてやろうとする自分と、自分の感性ではなさそうだけど、面白そうだからそのまま進んでみようとする自分がいます。 あるときは葛藤であり、またあるときは柔軟性かもしれません。   ・・・こういうことは制作者にだけではなく、ポーズする美しいヌードモデルの中にも起こっていることと思います。

 この世には、理性が先行する人と感性が先行する人の二種類がいるという考え方もできる。 いずれにしても個性を優先した教育がなされなければならない。 (個別指導塾東アカデミー

 

 

  

ショップの飾り物 美しいヌード バックのニュアンスが大切な横向きの絵 カフェの光景とモデルフォト

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント