美しいヌード ダイナミック

女性モデルのヒップ

 

 

< ヒップのコラージュ画像 >

 女体の造形で最も存在感があるヒップ・・・ブティックの画像と美しいヌード・ヒップの画像のコラージュです・背中から見るヒップ。 ヌード自体はクロッキー画ですから、美しいヌードヌードモデルを前にして描いたものです。 それに、様々な写真を重ねていくわけですが、その中からこの一枚を選んでます。 何だか分からないけど、面白い・・と思っていただけば嬉しいです。 女性のボディーの部分で最も存在感がある(美しい)のは、たぶんヒップなのでしょう。 体の中で最もダイナミックですからね。 正面からはヒップは見え難いのですが、存在感を考えるなら、斜め背中側からみたヒップが一番かもしれません。 ヒップの幅というものは、ウエストとの兼合いがあって、相対的な比率の問題でもあります・中腰のヌードポーズ。 ウエストが細ければヒップは大きく見えます。 問題なのは横から見たヒップの厚みなのでしょうね、これもウエスト(腰)に締まり方と関係してます。 幅が大きいよりも、横位置から見た厚みがあることが美しいヒップに見えることになります。 欲を言えば、ヒップトップの高さがありますが、出来るだけ高い(上位置にある)ほうがカッコいいのは当然です。 ただ、着衣で見るのとヌードで見るのとではそれなりの違いがあります。 明るいところでヌードを見慣れてくれば、着衣であっても、その女性のヌードはおおよそ想像つくのですが。 流れるフォルム ヌードヒップに見るボリューム感・・真横から見たヌードのライン。

 

 この画像と見ていると、ピカソのコラージュ作品を思い出す・・記憶の中で比較しているだけなので、その根拠は定かではない。 絵画の上に新聞や広告や紙切れを貼ったようなコラージュ作品は多い。 1900年代初期の猛烈な変革(絵画の世界だけでなく、音楽や物理化学など)の中でキュビズム同様にある種の合理性から生まれてきたと思える。 この画像では、それほどのダイナミズムは感じませんが・・

 

女性モデルのヒップ

 

 

 

   女体の全体図と部分図 和の柄を羽織ったモデル 美しいヌードエロティックな足を開いた状態にのポーズ

 

 

 

  

存在感があるヌードでダイナミック 斜め後方からみたヒップ ウエストが細ければヒップは大きく見える

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント