美しいヌード スポーツ選手のヒップ

量感とタイトな形態・造形

 

 

< カフェの薄明り ヒップの形 >

   量感とタイトな形態・造形・・・ヒップのラインがカフェの薄明りの写真・・・ カフェの写真と女性の美しい画のヒップに見るボリューム感の画像とのコラージュです。 カフェの画像は多くもってますが、お客さんがいないときを狙って、店の人に断って撮ってます。 黙って撮るのはルール違反ですからね、それに一眼を構えるわけですから、黙っては撮れません。 コンパクトデジカメも一眼レフデジカメもこうしてディスプレイに貼るだけの画像ならその差はほとんどありません。 ですから、最近では一眼を持ち歩くことは面倒になってきました。 この画像は、モデルのヒップのラインがカフェの写真と複雑に被っています。 カフェで寛ぐ美しいヌード・カフェの薄明りではよく分かりませんね。

 

元は絵画にカフェの写真を重ねたもの出るが、キュビズムやコラージュはおおよそ合理性から始まったアートであり、人間性はほとんど無視されていたとも思える。 絵画のそれまで築いてきた自然の解体と人間性の無視に至ったともいえる。 エコール・ド・パリと言われる人たちの描いたノスタルジーとかメランコリーとかポエジーなどと言う世界とは無縁である。 その点から言えば、ピカソやブラックの”やり方” は乱暴に見えたのかも知れない。 詩・ポエジーとの関わりにおいて考えると分かり易い。

 

 

   量感と形態・ウェスト・バスト ワインディングロード カフェの薄明かり タイトな造形・ヒップの形

 

一般的には、何らかのスポーツをやっている人のヒップは美しいことが多いです。程度の差こそあれ、誰にでも脂肪は付きますから、それを支える筋肉がなければ重力の方向へ垂れ下がってしまうのは必然です。 ヒップの場合は、筋肉がそれなりにないと厚みがでませんし、ヒップトップの位置が上にきません。 フィギアスケートの荒川静香さんはスタイルがよいことで知られますが、ヒップの形やボリューム感に関しても理想的だと思われます。

 

 

  

自転車置き場 カフェの薄明かり 美しい鉛筆画・後ろからの光景 生地屋さんのディスプレイ 美しいヌード

 

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント