美しいヌード 女性のヌード姿

視覚の曖昧さから生まれる絵

 

   

< 枯葉の向うに見えるもの >

  枯の向う・風情ある画像の背景には美しいヌード・・・ 風情のある画像ですかね、枯葉の向うに見えるのは女性ヌード、それもヌードモデルのヒップの図です。 人体の中でももっともダイナミックであるヒップに見るボリューム感。 この画像を見ていると、何か不自然さを感じませんか? たぶんその原因は、画象に2つのフォーカスがあるからです。 カメラ位置から違う距離に2つの焦点を持っている画像だからです。 手前の枯葉とその奥にあるヌードのヒップと。 それでも不思議なことには、人の目は勝手なもので、枯葉を手前側、ヌードは向こう側と勝手に決めてしまってます。 視覚の曖昧さでもあり、いい加減さなのかもしれません。 この場合、ヌードが手前にあって、枯葉が後ろ側に見えてもまったくおかしなことでもありません。 違う二枚の画像の(美しいヌードモデルのコラージュ画像)重ね絵なのですから。

 

桜の美しいヌードコラージュ

 桜のヌードコラージュ。

 どちらといえば、少女的な印象のあるヌード・・・大人の女性ヌードを描いてますが、少女を描いたような印象になることもあります。 和装花柄に埋れるヌード・・・日本の柄とのコラージュ。 ヌードと和的な柄は基本的にはとても相性が良いです。 色付きの画像と白黒画像とどちらが面白いか? 私にとっては、どちらが想像力の世界をより感じられるか?と言うことになります。  花との合成画像、アジサイの香り ヌード・・・花と女性ヌードは無難な組み合わせなのですが、やっぱりちょっと違った趣のある画像にはしたいのです。  白黒画像の極意 劇画的な印象のあるヌードコラージュ画像。 昭和の茶室のヌード、もちろんこのサイトではヌード写真は扱いませんので絵と昭和の民家の合成写真です。 アングルのとり方を工夫する・・・アングルを縦長に ヌード。 女性は年齢に関係なく、様々な様相を持ち合わせるのでしょうね。 写真を撮るものにとっては永遠の課題でもあります・・・カラーとモノクロの比較。

 ここには二枚の大きなコラージュ作品を展示してますが、人体デッサンと写真を重ね合わせたり並べたりして展示してます。 この組み合わせを考えるのは感性以外の何者でもなく、どうしてこのような組み合わせをするのか?と聞かれれば答えようもありません。 何となく・・・と言うことが全てです。 秋のある日に接写した枯葉と人体デッサン、経堂五丁目近くで撮った青空と桜の写真と裸婦画、コンセプトといわれるものがあろうはずはありません。

マティスの創造する明快な装飾的世界・・・マティスと言えば、色彩画家としてばかり知られますが、実はデッサンやクロッキーの確かな腕を披露してます。 内容と形式とが独自の世界を創っていること。 そこには、マティスの感性でしか創り得ないような調和の世界が展開されることです。 バランスと本質と静けさの世界であり、フォービズムから連想するような激情とは程遠い画面が広がります。

 

 

   デッサンとクロッキー・正面図 七夕の写真 風情と裸婦 美しいヌードクロッキー・お腹

 

 

 

 

 

原宿 枯葉 たっぷり感がある胴回りの図 原宿の塀 枯葉

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント