美しいヌード 古典的なイメージ

痛い画像

 

   

< 絵画的なコラージュ画像 >

 絵画的な「男と女のイメージ」と題したコラージュ・・・ 秋の京都の紅葉写真と美しいヌード画のコラージュです。 棘棘しい(痛い)写真を重ねますから、アート的というよりも、絵画的なそれも古典的な(ちょっと痛い)画像となってます。 ルネサンス期の絵画を見るようです。 もとになっている絵画は「男と女のイメージ」と題したパステル画です。 原画サイズは 69x65センチあります。 コラージュした際のこのグリーンのグリッドが良かったのかどうか未だに微妙ですね。 グレーとかベージュくらいが良かったのかもしれません。 グリッドの取り方はけっこう難しいのです。 幅と色の両方の兼合いがありますから・・・この絵は抽象ですから、モデルを見ながら描いたものではありません。 イメージして描いてます。

 

 この刺々しいディテールは好みに分かれる思います。 私にとっても、微妙なのです。 ただ、原画を制作した作者としては減が似ない面白みを発見することが出来たので、載せているに過ぎません。 この画像の背景ともなっている写真は、神奈川県川崎市生田にある民家園で晩秋に撮った写真であり、このよぷなコラージュで威力を発揮するものとはまったく予想外でした。 ここでは、入場料も車で行けば駐車料も発生しますが、丘陵地帯には全国から集めた江戸時代中期から大正時代に至る古民家がかなりの数に並びます。 全部とちゃんと見るなら半日は要しますから、スニーカーにお弁当などを持参すればピクニック気分で半日を過ごせます。 茅葺屋根の日本の季節感における合理性と贅沢さを知ることになります。 防災対策上、茅葺屋根で家を建てることは難しいのでしょうが、もし出来るようであれば、最高の贅沢な住まいとなることが実感できます。

 

サムネイル画像 美しいヌード絵画 美しいヌード・光景 人体デッサン

 古典的なイメージと思うことも、絵画的なコラージュ画像であると紹介することも、これらは全て(私の)感性から発することであり、人とは違っていたり、少数派であることは想像できる。 アスペルガー症候群という言い方を耳にするようになってから、30年が経つ。 最近になってやっと認知されるようになってきたのだが・・・人の笑顔を見て、その笑顔が何を意味するのか分からない人たちらしい。 いわゆる ”察すること” が苦手な人たちらしい。 だから、言葉通り、額面通りに受け止めるとのこと。 日本の社会では、この ”察すること” が苦手であれば、社会生活はかなり難しくなってくる。 例えば、アメリカ社会では、言わなければ分からない・通じない・・といことはよくあることだが、だからと言って、アメリカに住む人にアスペルガーが多いという話は聞いたことはない。 この場合の、”察すること” と ”想像すること” の区別はどうなっているのだろうか。 また、”察すること” が苦手な人が多数を占めるようになれば、これまで ”健常者”であったものは、○○症候群という言われ方をするのだろうか。 また、ボーダーと言われる境界線の人たちも多くいるはずである。 そして、自分はどうなのだろうか? と、考えてしまう。 少数派であることは分かっているが、どこに属するのか? 過去の得手不得手を再考してみたり・・・。こういう場合の「客観性」が最も難しいのかもしれない。 だいたい、上のようなコラージュを普通の人間は考えないし、試してみようなどとは考えない。 まして、展示してみようなどとは・・

 

 

   明暗による描写・足と身体 春の川 絵画的な画像 美しいヌードデッサン・乳房

 

 

  

豪徳寺 古典的な画像 ヌード鉛筆画・腹 ポピー 古典的な画像

 

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント