美しいヌード 価値判断などという安易な方法論とか手段

方法論ではなく感性で描くヌードアート

 

   

 

< 手段ではなく本質で・・ >

  美しいアート作品制作・・・手段ではなく絵の本質 ヌードの描写で、「ものの見方」・「自然とヌード」の在り方を考える・制作者とモデルの対談・後記・・  将来の進路を決めるのに、何がしたいか?ではなく、こうすれば職にあり付けるといった考え方ばかりがまかりとおってます。 職にあり付く手段ではなく、何のために生きるのかを考えてみたいですね。 上の裸婦画像と自然のコラージュは、原画であるクロッキー画と秋の景色を重ねてます。 「人と自然」の在り方を考える上でも貴重な画像となってます。 方法論ではなく感性で描く美しい ヌードアート・・

勘違いのもとは、パソコンのディスプレイの中に全てが入っていると考えている人が多くなったことです。 ここに入っているのは情報であって、何をどのように考えるのか・・という「本質」はどこにも見当たりません。 本質は自分の側にあるのであって、ディスプレイの中にはあろうはずがありません。 ここにあるのは、あくまでも手段です、本質ではありません。 パソコンは便利でありがたいものですが、あくまでも道具です、手段でしかありません。 PCの中にあるものは、その時代の価値判断です。 どうやったらお金が儲かるかとか、企業人としての人間関係の構築方法とか、友人の作り方など・・それらは全てその時代の価値判断に過ぎません。 時代が変われば、その判断基準も変わってくることですし、次の価値判断を身に付けていくことを考えれば、忙しく生きなければなりません。 その忙しく生きている人こそが、現代では能力ある人と思われがちですね。 だからなおさら、そういう方法(方向)に拍車がかかるのでしょうね。 本当はどうなのだろぅ?という「ものの見方」を出来るようになることだと思いますが、その本質的なものの見方はウィッキには書いてませんから、自分で学ぶしかないのですが。 ・・・ヌードモデルと向き合って制作していれば、それはほとんど格闘技のようなもので、価値判断などという安易な方法論とか手段が通用する世界ではありません・「心理学」という方法論についても。

 

ヒップ・体のライン 戦場に架ける橋 バスト・腰の線 メコン川

 

 

感性で描くヌードアート・体のライン 方法論ではなく感性で描く・水上マーケット 手段ではなく本質でのイメージ画像・腰の線

 

 

 

 

 

 

裸婦の画像 戦場に架かる橋 美しいヌード鉛筆画・顔とバスト メコン川

 

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション 提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント