美しいヌード 飾らない

真の姿をコラージュした画像

 

   

< 人の在りのままを伝える >

 真の姿を伝える在りのままの自然な姿を伝える「自然のままの飾らないヌード」・美しいヌード・・ 人本来の姿・在りのままの飾らない姿・ヌードな在り方を伝える画像です。 ショーウィンドーと人物画ヌードとのコラージュ画像です。 この絵はいわゆる美しく描かれている絵ではありません。 人の在りのままの自然な姿ですから、日常と非日常・日常的な美意識から見れば美しくは見えない、そんな絵です。 人の人らしい美しいヌードな姿がここにあります。

 

真の姿をコラージュした画像

 

飾らない自然な姿として 日本間・居間 撮影モデルのポーズ・横顔 自然な姿として古民家の石置き屋根 腰のくびれ

 

 

真の姿をコラージュした画像・ウエスト 飾らない アジアの子供 アートデッサン・足

 

モデルを褒めることヌードを褒められることについて・・・「飾らないヌード」という題名でもいいんです。 ヌードモデルをすることの勧めと題するページにも書いてますが、第三者から、自分のヌードが褒められる(認められる)ことは、モデルにとってはその後の人生に大きく関る何かを得られるという意味で、とても意味のある体験になることと思います。 飾らない、そのままの自分でOKということですからね、自身の自然な在りのままの姿に自信が持てるといことですね。 濃い関係でない(また、利害関係はない)第三者というところが大切なところです・・・自身を認められることに(客観的みて)信ぴょう性がありますから。 制作過程でモデルと向き合ってれば、自然に「素晴らしい! 綺麗!」という言葉は出てきます。 そのモデルの美しさで絵を描かされてるという ”事実”は、デッサン紙の上を走る鉛筆の音でモデルには伝わります。 カメラのシャッター音で撮影モデルのポーズがどんどんかわっていくことと同じです。 制作者が、自分(モデル)の美しさの ”虜”となっていくことを知ることが、モデルにとっては何よりも自信に繋がるのでしょう。 その自信は、ヌードの姿に止まらず、人としての自然な姿として・・・

 

 

ヌード Home   サイトマップ   モデルと制作者のコミュニケーション  提案することの大切さ  感性が先行する人たち  ヒップのコラージュ画像  自画像  カフェの薄明り ヒップの形  コラージュの楽しさを伝える画像  常識的でなく不道徳な絵に見えますか?  枯葉の向うに見えるもの  絵画的なコラージュ画像  ヒップに見るボリューム感  ディスプレイに映す  カフェで寛ぐ美しい  グリーンが美しく見える  見える人にだけ見える  ブルーが背景  手段ではなく本質で  人の在りのままを伝える  Picasaで画像編集  エレガント