ヨーロッパ旅行の写真 美しいヌードフォト画像

 
フォトアルバム・町並みと住まいの美しさ

 

   

 

< イギリス・スタンフォードとパリ >

  町並みと住まいの美しさ・・・イギリス・スタンフォードとパリ、ヨーロッパ旅行の写真 美しいヌードではありませんが観光写真として「ウェブアルバム」を載せてます。 ヨーロッパ旅行に行っていた友人から頂いた画像をコラージュ画像として展示してます。 イギリス・スタンフォードとパリの画像です。 モノクロ画像とセピア加工したものを織り交ぜてみました。 カラー写真ばかりであると、全体がゴチャゴチャした印象になり、纏まらなくなってしまうこともあります。 旅の思いで写真ですからね、しっとりとした印象も大切です。 イギリスは保守的な印象もありますが、とにかく街も観光地も落ち着きのある美しさが印象的です。 エッフェル塔から見たパリ市内とモノクロ画象に加工しましたが、こうするっと、50年前の映画を見ているような錯覚があります。 西洋のカルチャーを学ぶことから、アニメなどの日本の文化を発していくことがこれからの時代に応えていくこととは思います。 ジャズやロックやボサでもなくイメージや感覚は専攻するジャンルを言うのでしょうか、フュージョン。 エキゾチックな・・・とは昔から使いますが、エアエコなどは最近使うようになって来ました。 エスニックとかエスプリとか、頻繁に耳にすることはあっても、その意味が定かではない言語は多いです。 利己的という意味でしょうか、エゴコンセプトが先行するアートという言い方をします。 概念が先行するアートなのでしょうか、ポップアートとは? 潜在能力という意味に取れます・・・ ポテンシャル。 どの分野でも詩的・・というニュアンスは大切な要素sでうすね・・・ポエジーなヌード。 フランス人 モデル中腰のヌードポーズを鉛筆で描いてます。 そのモデルさんはセクシーな印象はなく、独特な雰囲気・ムードを醸してました。 3分で描くヌードクロッキーではなくて、ムーヴィングなどでその美しいヌードモデル特有のオーラを醸していたように記憶してます。 ずいぶん前の映画になりますが、コレクターという、”女性を集める”という怖い映画がありました。 そのせいでしょうか、コレクターにはあまりよいイメージがありません。

 

人体部分図 人体デッサン 人体デッサンとコラージュ アジサイとヌードの合成

 

   美人のオーラ・腹の拡大図 コラージュ・ヌード画像 鉛筆画・横向きの顔

 

赤の京都の風情ある画像と美しいヌードのモノクロ画像の組み合わせが楽しいですね。 ここに載せているヌードは部分を切り取ったような画像を並べてますが、ある種の想像力なくしては見えない絵とも言えますし、女性ヌードに対しての普段からの観察力がしっかりした方ではないとわけの分からない絵にも見えてしまいます。 あえて、どこのどの部分という解説はしませんが・・・。 ヨーロッパ旅行の写真と比べれば面白かもしれません。

 

 

 

町並みと野コラージュ写真・目を閉じたヌード 美しいヌード鉛筆画・太もも 風景とのコラージュ・少女のような写真

ヌード Home   サイトマップ    海・川・湖   妖艶な空間をつくる   刺青に見える   イギリス・スタンフォードとパリ   挿絵   素材として   四国の山々   抽象画にも見える   純日本的なイメージ  ポスターになりそうな   モロッコ・カサブランカ   美しさへの拘り   センスのよさが伝わる   女性ヌードの美   想い出の玉手箱   アート的であるための精神と肉体の関連性  額の選び方・グリッドの取り方   アルバムの作成   色彩の論理から学ぶもの   お絵かきソフトで色遊び