美しいヌード アルバム 想い出の玉手箱

気品とセンス

 

   

 

< 挿絵 >

 一瞬しかとれないポーズ・挿絵 ・・・「挿絵としての美しいヌード」であれば、一瞬しかこのようなポーズ(姿勢)はとれませから、時間をかけてポーズすることは不可能に近いです。 この挿絵からは分かり難いと思いますが、少し腰を浮かせたポーズです。 こういう場合は、写真に収めてから・モデル撮影、それをディスプレイで見ながら絵にして、また、ポーズを見ながら絵を描いていくということを繰り返しながら描いていけばよいのです。 挿絵というタイトルになってますが、振袖柄とヌード画の合成画像です。 挿絵として描いたものではなく、コラージュしたら挿絵のように見えたので「挿絵としてのヌード」という題名にしてみました。 ・・・「ヌードアルバム 想い出の玉手箱より」・・・美人オーラ・・・気品とセンスの良さが伺えます。 ヌード撮影をする際のマナーやルールなど・・制作者側の気遣いなどを書いてます。 カメラマンではありませんので、技術的なことは分かりかねます。

 

セザンヌを想わせるカフェの空間と美しいヌード

 

チョークアートとは、ソフトパステルであり、粉上のものです。 したがって、作品として仕上げるには、フキサチーフなどの固定剤を吹き付ける必要があります。 水彩絵の具を利用したボディーペインティングはできますが、肌に直接塗っていくこともあり、難しく、これを作品として半永久的に残すのであれば、刺青ということになります。 アート的な画像ですが合成して化ける画像ともいえ、二枚の画像を重ねているにもかかわらず、下の美しいヌード画像を認識しづらいことが起こってます。  3分ポーズを書いてますが、その美しいヌード鉛筆画を重ねれば、エントランスに浮かぶヌードというタイトルにもなります。  日本的な印象のある画像です、襖に描かれたヌード。 ヌードが影絵のように見えることもあり、結果としては極上のヌード(制作者の思い上がり)にもなってます。 スクーターに乗ってるようにも見えるチェリストの画像。日本の風情を想わせる 風鈴の音が聴こえて来るような風流なコラージュなども載せてます。 画像の展示しているというよりも、万華鏡を覗き込むようなな感覚にさえなるコラージュが出来ることもあります。

 

 

 

   気品とセンス・首筋と胸 オレンジ色の風景写真 美人のオーラを放つ・横にした胴体

 

バリの写真とヌード画を交互に並べてます。 白黒画とからーですから、色的な面白さもありますね。 メリハリの付いた展示の仕方になります。 こうしてみると、自然とヌードの融合性のよさを伺えます。 自然とヌードではテクスチャ的にはかなり違いがありますが、それがかっていい効果を生んでいるのでしょう。 ヌード同士のコラージュはどうかというと、これがまったくダメでして、たんなるピンボケしたような画像にしかなりません。 自然同士の重ね絵もほとんど上手くいかないものと思われますね。 画像を並べていくようなコラージュをすれば、「挿絵としてのヌード」とはまた違った趣きある画像になりそうですね。

 

 

人物像 健康な肉体・顔 挿絵としてのヌード

ヌード Home   サイトマップ    海・川・湖   妖艶な空間をつくる   刺青に見える   イギリス・スタンフォードとパリ   挿絵   素材として   四国の山々   抽象画にも見える   純日本的なイメージ  ポスターになりそうな   モロッコ・カサブランカ   美しさへの拘り   センスのよさが伝わる   女性ヌードの美   想い出の玉手箱   アート的であるための精神と肉体の関連性   額の選び方・グリッドの取り方   アルバムの作成   色彩の論理から学ぶもの   お絵かきソフトで色遊び