クリップアート 四十代の美しいヌード

素材としてのヌード画像

 

   

 

< 素材として >

 和服の素材としての柄の美しさとヌード・裸婦の素材・裸婦のフリー写真・  女性ヌードを素材としてコメントしたのでは叱られそうですね。 クリップアートとは、グラフィックアートの中の一部分を表す、または素材を表すと考えます。 挿絵としてのヌードにも見えますが、贅沢ではありますが「素材としてのヌード」という見方もあります。 日本の柄が色彩的にも輪郭としても強く出てますから、ヌードがヌードに見えません。 和服を着ているかのように見えます。 和服の素材としての柄の美しさも手伝って、味わい深い日本画のようになってますね。 気品が漂う美しいヌード裸婦画像。

 

ヌード鉛筆画 緑の風景写真 人体芸術ヌード サムネイル画像

 

バリの農家の風景と美しいヌードを並べて載せてます。 白黒と緑の画像が交互に並んでいるのは心地ようですね。 ビジュアルアート的には、自然の図も素材として最も価値があるのでしょうが、人体芸術としてのヌードはそれに負けず劣らず素材としての勝ちがあるものと思われます。 素材としての自然とヌードですね。

 

 

写真モデル・ヌードモデル・美術モデル・裸婦モデルというように、色々な言い方がありますが、彼女ら(彼ら)の年齢は総じて20〜40歳位までとなってます。 上の画像のモデルをなさった方は、40代半ばだそうですが、素晴らしいプロポーションを見せてます。 鍛え抜かれたというよりは、磨き上げられた体をしてますね。 これといって特にスポーツなどはしていないそうです。 年月をかけて磨き上げられた肢体でもあり、究極の美を見るようでもあります。 ヌードを素材と考えるなら、また、クリップアートとしてみるなら、これ以上の贅沢はないものと思われます。 美術モデルについてはこちらを・・・。    アートモデル・投稿文という興味深いページがあります。 美術モデルのプロポーションとは、裸であることが前提となりますから、服を着こなすモデルではなく、原型として造形として個のもつ美しさを問われるような体型を書いてます。 これから、モデルをされる方のいると思います。  モデルの安全性については、細かく記してます。 裸であること自体は、その価値はなくなってきました。 造形美として、全身でポーズするモデルの資質と才能が問われる時代になってます。

 

 

 

 面白いことで・・・最近写真を本格的に撮り出したのですが、その理由が自分が描いた絵を自分でデジカメに収め展示するために写真撮影するようになりました。 いつしか、そのデジカメをもって外を散歩するようになり、風景写真に興味を見出すことは自然の流れでもあります。 これから先は、私自身の好みの問題なのでhしょうが、人物を撮るようになります・・・それも、出来ればヌードで撮れればと考えるよう抜いなるのですが、ヌード作品をそのまま写真として残すのか、その写真を基にして絵を立ち上げるのか、その両方を考えて撮影するようになります。 最近はと言えば、絵を描く事はほとんどなく、写真ばかりとってますし、それもニコパチやスナップショットではなく作品撮りに近いものになってます。 それと、サイトに展示することを前提に考えれば、ヌードではなく着いのモデルさんを撮るようになったことも事実です・・・発表できないものは作品として成り立ちません。 まぁ、絵を再策するためであれば「素材として」考えるのでしょうが・・・

 

   クリップアート・究極のヌード

上に載せているモデルさんの後姿を描いてます。 上のポーズとほぼ同じポーズを後ろから描いてます。 素材として、クリップアートしての素晴らしさを感じさせますね。

ヌード鉛筆画・両手を上げたポーズ バリの茶と緑の風景写真 人体芸術としてのヌード・胸の印象

 

美しいヌード気品が漂う裸婦画像 ヌードを素材・胸と首筋 和服の素材

ヌード Home   サイトマップ    海・川・湖   妖艶な空間をつくる   刺青に見える   イギリス・スタンフォードとパリ   挿絵   素材として   四国の山々   抽象画にも見える   純日本的なイメージ  ポスターになりそうな   モロッコ・カサブランカ   美しさへの拘り   センスのよさが伝わる   女性ヌードの美   想い出の玉手箱   アート的であるための精神と肉体の関連性  額の選び方・グリッドの取り方   アルバムの作成   色彩の論理から学ぶもの   お絵かきソフトで色遊び