美しいヌード 若く映しい頃の自分のヌード写真

 
日本の柄を生かしたコラージュ画像

 

   

 

 

< 額の選び方・グリッドの取り方 >

 ヌード画像と日本の柄とのコラージュ・和装花柄に埋れるヌード・・ ここに載せてる画像の説明です。 美しいヌード画像と日本の柄とのコラージュ画像を載せながら、額の選び方・グリッドの取り方を考えてみたいと思います。 先ず第一に、グリッド(額)の色です。 上の画像のように、絵の中でもっとも目立つ色・使われてる色をグリッドにすることです。 これはもっとも安全な方法ではありますが、面白みに欠ける嫌いもあります。 最も目立つ色の補色をグリッドにとる方法がありますが、これは少々冒険でもあります。 一般的には、グレーやベージュ系をグリッドにすれば収まりは良いのですが、グレーやベージュとはいってもその明度の問題もありますから。 額の選び方・グリッドの取り方に迷ったら、その作品を写真で撮り、編集ソフトで試してみることが一番です。 実際に画材屋さんへ出掛けて決めるのは時間的にも手間もかかりますから、ソフトでやってみることをススメます。 ディスプレイに映すヌード・・・ディスプレイで展示するのであれば、上のようなグリッドまで考えればよいのでしょうが、実際には「額」もつけることになりますから、それまでもソフトで試してみることなのでしょうね。 水彩画などでは、グリッドがマットの役割をしますが、たて横の比に合わせて、グリッド(マット)の幅も取ってやることがよいと思います。  想い出の玉手箱としての自分自身のヌードアルバムなどの額や枠選びにも応用されてください。 特に、女性であれば、若く映しい頃の自分のヌード写真を残しておきたいと考えることでしょうね・裸婦モデルの真理。 下には、モミジを散りばめたヌードフォトを載せてます・・・京都で撮った紅葉写真と裸婦モデルを描いたクロッキーとのコラージュです。

 

 

   コラージュ画像

 

   カフェテラス写真 美しいヌード・グリッドをつけない耽美的な絵画 日本の柄・モミジをあしらったフォト

 

 

 絵画を展示する際の額の選び方は絵画そのものと同じくらい重要といえます。 「若く映しい頃の自分のヌード写真」を保存している方は多いと思います。 アナログであれば、写真屋さんにいかなくては写真として保存することは難しかったのですが、昨今はデジタルですし、自宅で印刷することが可能です。 その意味では、素人にも簡単に撮影して画像として展示することは難しくとも保存したりCDなどにやいて残すこともできます。 ただし、CDでどれくらいの期間保存できるかは、定かではありません・・・データの残し方にもよるのでしょうが、一説には10〜20年くらいでかなり劣化していくとい話もあります。

 

豊かさを感じさせる乳房のヌード写真 モミジを散りばめた裸婦モデル リラックスした人物画像

ヌード Home   サイトマップ    海・川・湖   妖艶な空間をつくる   刺青に見える   イギリス・スタンフォードとパリ   挿絵   素材として   四国の山々   抽象画にも見える   純日本的なイメージ  ポスターになりそうな   モロッコ・カサブランカ   美しさへの拘り   センスのよさが伝わる   女性ヌードの美   想い出の玉手箱   アート的であるための精神と肉体の関連性   額の選び方・グリッドの取り方   アルバムの作成   色彩の論理から学ぶもの   お絵かきソフトで色遊び