美しいヌード 意味もなく載せてしまう画像

現代アート

 

   

 

 

< 胸騒ぎするヌード >

 現代美術・現代絵画的な胸騒ぎするアート感覚を満たすこと・・・ 何がどうなっているのか、わけが分からない画像はあります。 管理人は、アート感覚を満たせば、意味もなく載せてしまうところがあります。 「胸騒ぎするヌード」なのですかね、美しいヌードには見えないのですかね。 背景をなしている写真は秋の紅葉です。 秋を説明するような写真ではなく、記憶するように写し撮った画像です・記録ではなく記憶する。 その画像を右に90度回転させた状態でヌード画を重ねてます。 ヌード画自体も回転させた状態で使ってますから、上下左右を考えれば、原型を成さない(意味の分からない)画像となっていても当然です。 現代絵画のようでもあり、胸騒ぎするような図となっていると思います。 また、グリーン以外はほぼモノクロなところも印象深いですね。 ヌードであることが見えるのは、人体のヒップのラインでしょうか・人体芸術。 コラージュは時としてわけの分からない画像を創ります。 「新たな反応の仕方」を楽しむと考えればよいのでしょう。 もちろん、何か描かれているのか、何が写っているのか、分かりやすい画像になることもあります。 それでも、アート感覚の面白さが感じられないような画像は、対象外の画像になります。

 

現代アート感覚で制作されたコラージュ・イメージ画像

 

 

 反り返ったポーズとはいえ、見えたままの自然な女性ヌードと抽象絵画に近い感覚でかかれた人物画を並べて載せてます。 右と左の画像は同じですが、その間に抽象を挟むことによって生まれる「錯覚」を楽しんでます。 こう並べれば面白いだろぅ・・というあてずっぽうなコラージュ画像です。 また、額の選び方・グリッドの取り方に工夫があります・・・四辺の中でも下の部分だけはグリッドを省いてます。 四方を囲ってしまうと窮屈になってしまうから・・ということと、下に位置する「テキストリンク」を自然に見せるためです・・・デザイン上の都合です。

 

 

   人の顔が並ぶように見せる花と花 寛ぐ女性ヌード鉛筆画 葉の色も祖赤く染まる秋景色

 

 

 

美しいヌード両手を頭の上に組み、ポーズする女性モデル 現代絵画・秋の風情と景色 女性ヌードのお腹を描いたパステル画

ヌード Home   サイトマップ    楽しみながら描く   視点を変える   「自然であること」を恥じない  撮った画像を選別する目   胸騒ぎする   エロティシズムのテクスチャ   ヌードを映し出す「青の光景」  花模様の壁紙   精神的に豊かであることの意味  モデルの強調的なポーズ   欠点を知ることから始まる   雑然としたもの   変貌する自然   流れるフォルム   横向きに展示する   ゴールドなヌード   心像を描くのか見えるのか   ベールの向うに女性   商人の女将を思わせる女性像   裸婦の体のライン