美しいヌード 「モデルの様々なポーズ」

ヌードモデルを映す青い光景

 

   

< ヌードを映し出す「青の光景」 >

 編集ソフトの美しいヌードコラージュによる「新たな反応の仕方」を楽しんでます。 美しいヌードを映し出す「青の光景」です。 カフェで撮った画像を使ってます・カフェの薄明り ヒップの形カフェで寛ぐ美しいヌード。 ちゃんとした解説のできるような画像ではありません。 妄想といえばその通りで、見える人のみ見える画像とも言えます。 室内のベージュを背景にした青の光は美しいですね。 基になっているカフェの写真はリアルな画像ですが、ヌードクロッキー画と重ねることにより、私的夢空間を演出しているようでもあります。 あくまでも、私的な空間です。 モデルの方を前にして、ヌードクロッキーを描いてきましたし、これらからも続けていくと思います。 こういうのを、ライフワークと言うのでしょうね。 クロッキー会に出かけることもあれば、モデルの方が来てくださることもあります。 モデルの方にベストな状態でポーズしてもらうためにも、制作現場・ステージ設定には出来る限りの気配りをしてます。 問題なのは、自分の側の ”コンディションです。 かなりテンションを上げて描いていくこともあり、持久力が続くかどうかの問題であり、その日、始まってみないことには分からないことですが、手が動かないと言うことがあります。 もちろん、手ですから動かそうと思えば動くのですが、視覚と一体になって動いてもらわないことには絵になりません。 目(視覚)と手の動きが重なる感じになることが ”よいコンディションの証”です。

 

 

  

モデルとステージの設定おいては、エッジと接地面の意識が大切です。 美しい女性ヌードを描くことはライフワークと考えてますが、趣味的な写真も撮ります。 これらはそれぞれ夢中になれることですが、上のような画像を作ってるときこそが最も楽しめてるような気がします。 コラージュの基本操作画像ですから、所詮あてぞっぽです。 ほとんどまぐれ当たりをしているような「傑作」です。 「青の光景」で映し出される女性ヌードです。

 

 

  

美術モデルの「ポーズ」には様々あって、寛いだポーズ、固定ポーズとしてはキープが難しくなりますが、中腰のヌードポーズ、アクロバティックな体勢でも保持できる3分ポーズ、見せるポーズなのか魅せるポーズなのか、モデルの強調的なポーズ、時には恣意に行うことするポーズ、モデルがリードするような制作者に意識的に描かせるポーズなど色々です。 ヌードポーズについて、現役のモデルに様々な角度から本音を聞きだしてます・・・ポーズへの拘りは?。 ポーズに対する偏見とタブー・変な好奇心について。 また、男性モデルについては、女性モデルとしてはどのようにお考えになるのか? 男性モデルと女性モデルについての一般的な相違点についても・・。

魅せる美術モデルのポーズ 美しいヌード・顔 恣意に行うことするポーズ

ヌード Home   サイトマップ    楽しみながら描く   視点を変える   「自然であること」を恥じない  撮った画像を選別する目   胸騒ぎする   エロティシズムのテクスチャ   ヌードを映し出す「青の光景」  花模様の壁紙   精神的に豊かであることの意味  モデルの強調的なポーズ   欠点を知ることから始まる   雑然としたもの   変貌する自然   流れるフォルム   横向きに展示する   ゴールドなヌード   心像を描くのか見えるのか   ベールの向うに女性   商人の女将を思わせる女性像   裸婦の体のライン