美しいヌード 「新たな反応の仕方」を楽しむ

水彩画のエッセンス

 

   

 

< 花模様の壁紙 >

 水彩画のエッセンスともいえる花模様の美しいヌード・壁紙・・・平面的ではなく、立体的な画像・・・ 花模様の壁紙・花模様のドレスに見えます。 ヌードクロッキー自体は立体的な画像ですが、このように重ね画像とすると平面的になってしまいます。 平面的になったからといって、クオリティーが下がったとも思ってませんが。 この絵を見ていると、古さを覚えます。 30〜40年前の喫茶店の壁紙のようです。 そうです、カフェでなく喫茶店です。 エコールドパリを想わせるような、ユトリロとかモジりアーニの絵画を思い出させるような、そんな昭和の時代が感じられます。 画像は洒落た花屋さんで撮ったものです。 ここの花屋さんの壁には、エゴン・シーレが掛かってました。 もちろん本物ではなく、イミテーション?なのでしょうが、大きさはは実物大だと思います。

 様々なカタカナ語があります。 人名であれば外国の人は当然ながらローマ字(カタカナ)になりますが、カルチャーなら文化、 フュージョンは音楽用語でも1つのジャンルになりつつあります。 料理などで使われる エスニック・・・その意味はよく分かりませんが、ちょっと洒落た会話の中では「エスプリ」の効いたなどという言い方をします。 ずいぶん前から使われてます・・・エキゾチック。 最近使われるようになりましたが、その意味が掴みにくい エアとか、エコロジーの略でしょう・・・エコ、エゴイズムの略でエゴ、理念や概念を意味するコンセプトポップ音楽やポップアートなどに使います。 魂・ソウルの対義語としてボディー、潜在能力を表すポテンシャル、詩情豊かなヌード絵を意味するのでしょう・・・ポエジーなヌード、収集家を意味します・・コレクター。 美しいヌードを語るために多くのカタカナ語を使います。 人名としては、ユトリロやモジリアーニとか・・

 

   石膏デッサンのように見える・腰の姿 水彩画のためのスケッチ 美しいヌードスケッチ

 

この画像が平面的に見えるのは、重ねた二枚の画像の焦点距離が一致しているからです。 花模様が多少ボケていればもう少しは立体的な画象になったのでしょう。 ・・・美しいヌードコラージュにおいては、様々な新たな反応が起こってきます。

 

 

  

柔らかな素肌を感じさせるヌードであったり、

腰から足にかけてのライン 人物デッサンの胸部 柔らかい素肌のエッセンス

ヌード Home   サイトマップ    楽しみながら描く   視点を変える   「自然であること」を恥じない  撮った画像を選別する目   胸騒ぎする   エロティシズムのテクスチャ   ヌードを映し出す「青の光景」  花模様の壁紙   精神的に豊かであることの意味  モデルの強調的なポーズ   欠点を知ることから始まる   雑然としたもの   変貌する自然   流れるフォルム   横向きに展示する   ゴールドなヌード   心像を描くのか見えるのか   ベールの向うに女性   商人の女将を思わせる女性像   裸婦の体のライン