美しいヌード 雑然の中に新たな秩序を見つける ヌード

ヌードを投影する看板

 

   

< 雑然としたもの >

美しいヌードを投影する看板。 整然と雑然 ・・・ 雑然としたものの中に秩序を見つけているのだろうか、それとも、人工的なものである限り、秩序はすでに備わっているのだろうか。 ヌード画と街の看板をコラージュにより合成加工したものです。 美しいヌードコラージュの本来の意味がこの画像そのままを意味してようでもあります。 貼り合せ的な画像だからです。 アート感覚からすれば、雑然としていることと整然としていることの区別はほとんどないように思いますが、いかがなものでしょう・・少女的な印象のあるヌード・・・さり気無く装わないヌードと言ってよいでしょう。  アート的視点で見るヌードでることは、言い換えれば、見える人には見えて見えない人には見えない絵ということですか。  理性的な視点で見るヌード・・・理性的な視点でヌードを見ることが出来るのでしょうか。 知的好奇心という目で見ることは大切なことですが。 整然と雑然・・・無秩序な秩序ともいえます。 裸婦の撮り方・・・アート的に美しくとることが大切です。 それなりの腕とアートセンスがあれば綺麗に撮れるのですが、センスがなければただ不道徳なだけの写真になってしまいます。 自分は好みでも他人は好まないものがあります・・・好き嫌いの分かれるヌードと大抵の人には心地良いヌード

 

 

   尻を向ける造形 青の風景を投影する画面 空間への効果・腰

 

美しいヌード画を載せてますが、全身が見えるアングルはほとんどなく、部分のカットばかりです。 それなりの想像力なくしては見えない(分からない)画像となってます。 想像力というよりは経験値なのでしょうか、普段の観察がものいうのでしょう。 また、オイルパステルで描いた風景画を載せてます。 自然な描写ではなく、”面描き”といわれる描き方です。 キュビズムに近い描き方です。 部分に陰影をつけずに、面の構成によって立体感を出していこうとする手法です。 陰影をつけることによって起こる、色そのものが濁ることを避けるためです。 色の美しさを失わないように工夫された手法ということも出来ます。 ”面描き”という「新たな方法論」が、観る者の「新たな反応の仕方」を生んだのでしょう。 美しいヌード/ 飾り物と人体芸術。 背景描写と空間への効果・グラデーション。

 

 

 

装飾品と人体芸術 美しいヌード鉛筆画・振り返るポーズ 飾り物とモデル像

ヌード Home   サイトマップ    楽しみながら描く   視点を変える   「自然であること」を恥じない  撮った画像を選別する目   胸騒ぎする   エロティシズムのテクスチャ   ヌードを映し出す「青の光景」  花模様の壁紙   精神的に豊かであることの意味  モデルの強調的なポーズ   欠点を知ることから始まる   雑然としたもの   変貌する自然   流れるフォルム   横向きに展示する   ゴールドなヌード   心像を描くのか見えるのか   ベールの向うに女性   商人の女将を思わせる女性像   裸婦の体のライン