美しいヌード 明治大正時代の庶民の生活感がそのままなヌード

 
隠微なフォト

 

   

 

< ベールの向うに女性 >

 庶民的な馴染みやすい美しいヌード、隠微なフォトにも見える・・・  薄い花模様のベールの向うに女性ヌードが見える。 美しいヌードコラージュ画像です。 この日本的な柄が、ちょっと薄暗く赤や青が色濃く、庶民的な馴染みやすさを感じさせる・・そんな女性ヌードです。 合成画像といえば、あてずっぽのように重ね合わせて何となく出来がよければアート的な作品として(その画像そのものには意味はなくとも)載せてしまいます。 ところが、この画像はといえば、合成する前から、こういう画象になることは十分予想が付いていたし、思い通りの画像が仕上がったという感動に似たものもあって、「庶民的な馴染みやすさをテーマにしたヌード」であると説明できます。 江戸末期から明治大正時代の庶民の生活感がそのまま出ているように思うのです。 ベールの向うに見えるは女性ヌードです。 見る側の「新たな反応の仕方」を期待できそうです。 美しいヌード・フォルムのダイナミズムと量感・ボリューム感。

 

 

フォルムのダイナミズム・腰の姿 庶民的な馴染みやすいヌード・羽子板の写真 量感を描く・ウェスト

 

日本の柄と人体ヌードであれば、それはどちらも数百年前からあったものですから、現代の着物柄と美しいヌードを重ね合わせても、庶民的で江戸時代の文化を思わせるような”絵”が出来上がっても何ら不思議はありません。 時代が変わっても何ら変わらない普遍的な美しさや馴染みやすさというものはあるのでしょう。

 

 

 

 

薄い花模様のベールの向うに女性ヌード バストの普遍的な美しさや馴染みやすさ 怪しい光を放つ日本の柄と人体ヌード

ヌード Home   サイトマップ    楽しみながら描く   視点を変える   「自然であること」を恥じない  撮った画像を選別する目   胸騒ぎする   エロティシズムのテクスチャ   ヌードを映し出す「青の光景」  花模様の壁紙   精神的に豊かであることの意味  モデルの強調的なポーズ   欠点を知ることから始まる   雑然としたもの   変貌する自然   流れるフォルム   横向きに展示する   ゴールドなヌード   心像を描くのか見えるのか   ベールの向うに女性   商人の女将を思わせる女性像   裸婦の体のライン