美しいヌード 屈託のない明るさを感じさせるヌード

不埒な作品

 

   

 

< 商人の女将を思わせる女性像 >

 美しいヌード、屈託のない明るさを感じさせる裸婦像、ヌードという自然さへの賛美ともとれる作品・・・ヌードに対する恥ずかしさの感情や感覚は、明治維新以降の西洋文明の移入に伴って入ってきたと思われるもので、それまでの日本の文化の中ではヌードは自然なものであり、恥ずかしい姿としてのヌードという考え方はなかったのではないかと思われます。 上の画像は、そんな時代を思わせる(たぶん、江戸時代の)ヌードなのかと思われます。 商人の女将を思わせる女性像のようでもあり、屈託のない明るさを感じさせる裸婦像に見えます。 妙な陰なイメージはないとも思うのです。 浮世絵や日本画が生まれてきた背景をも感じさせます。

 

 

  

浮世絵と言えば、写楽を一番に思い浮かべますが、その写楽のすごさは、庶民的でありかつ芸術的であったことです。 芸術性のレベルが上げれば上がるほど、”一般人”の理解からは離れていくというのが常ですが、写楽に限っては、庶民にも受け入れられていたと思われます。

 編集ソフトの反応の仕方に期待しながら、そのコラージュ画像による「屈託のない明るさを感じさせるヌード」を作成し、展示してみました。 自然を背景にしたコラージュ作品は多くあります・・・自然ではなく町の風景ですが、襖に落書きするようなヌード。 絵画は平面的であり、立体を意識したとはいえ、三次元に留まります。 音楽は時間という概念が加わりますから、四次元ともいえます・・音楽と絵画の違い。 イラスト的ヌードもあれば 癒しの空間を演出するヌードもあります。 古民家の梁の美しさとヌード・・・ヌードはともかくとして、機会があれば古民家を訪れてください。 日本の建築物の美しさを再認識します。 素材を提供するオブジェとしてのヌードになってます。 絵画においての直線と曲線の意味とその使い方。 身近なものにモチーフをとれば、切手とかアルバム立てとか、 良く見るショッピングモールの空間写真を利用して作るコラージュ。

 

 

ヌード・自然さへの賛美 色彩豊かな女体を描いた作品 モデルの横顔

 

 

 

(あり得ないという意味では)幻影としての茶室の美しいヌード、色彩を多く使った女体を描いた作品、銅版画のように見える人体ヌード作品、そして、手をデッサンした画像も載せてます。 形と色が生む生理現象と心理的作用。

 

 

 

美しいヌード幻影としての茶室のヌード 手のクロッキー作品 銅版画のように見える人体ヌード作品

 

ヌード Home   サイトマップ    楽しみながら描く   視点を変える   「自然であること」を恥じない  撮った画像を選別する目   胸騒ぎする   エロティシズムのテクスチャ   ヌードを映し出す「青の光景」  花模様の壁紙   精神的に豊かであることの意味  モデルの強調的なポーズ   欠点を知ることから始まる   雑然としたもの   変貌する自然   流れるフォルム   横向きに展示する   ゴールドなヌード   心像を描くのか見えるのか   ベールの向うに女性   商人の女将を思わせる女性像   裸婦の体のライン