美しいヌード モノクロのヌード画とアジサイの写真

ヌードの存在感と迫力

 

   

 

< 水彩のように見える絵 >

 水彩画のように見える美しいヌード画です。 実際にモデルを前にすれば、その存在感と迫力には圧倒されます・・・横綱と対戦する幕下力士のようなものですね。 豊富なモチーフの中からあえてヌードを選ぶにはそれなりの理由はあります。そのモデルのヌードに寄り切られないようにするための精神力(美意識が優先する世界観)が必要なのです。 原画はモノクロのヌード画ですが、カラー写真を重ねて水彩画のようにしてます。 水彩には、透明水彩と不透明水彩(グァッシュ)がありますが、どちらかといえば、不透明水彩のように見えます。 クロッキー会で描いた画象に水彩を加えたことがありますが、けっこう難しいことになります。 一つは、鉛筆が水彩絵の具に触れると溶け出してしまうこと、したがって、色が濁ってしまいます・鉛筆画のプロセス。 もう一つは、原画を線描きにするとかそれなりの工夫をしない限り、絵的に満足に仕上げることは難しいことです。 普段、油やパステルを使っている人間には水彩絵の具は難しいですね。 絵的には、印象派からエ・コールド・パリを想わせる画像でもありますね。 昭和の時代の喫茶店の壁をも想わせます。

 

 

   存在感と迫力があるヒップ アジサイの写真とヌードのコラージュフォト 美しいヌード鉛筆画・横向きのポーズ

 

モノクロのヌード画とアジサイの写真の(組み合わせ・アジサイの香り ヌード)美しいヌードコラージュ・イメージ画像が美しいですね。 こうして、写真を並べて展示すれば、一枚だけでは成り立たないことで、周囲の画像との兼ね合いで成り立ってます。 一枚の絵を描く場合も同様で、一部分をモノクロとしてやれば、他の分を何色にしても、その色は映えることになります。重ね画像が美しい人体芸術ともいえるフォトなど・・

 

 

  

水彩画のように見えるヌードフォト 美しいヌード鉛筆画・胴体 重ね画像が美しい人体芸術

Home    サイトマップ    自分を知ること   自分の目が捉える美しさ   水彩のように見える   ヌードこそ堂々と・・   お洒落なコラージュ画像   感覚だけで見るヌード   おもちゃ箱の中   壁紙に使えます   ブティックのショーウィンドー  背景は夜景を使う   雰囲気が大切な画像   造形美として考えるとき   同性のヌードは描きません   感性も踊る   プライベートな空間を演出する  自然を背景にした絵画 昼下がりの憂鬱   力強く説得力のある   天井に浮かぶ   ブルーの空を背景に