美しいヌード 性的欲求の対象でしかないなら、ちょっと格好悪い

堂々としたポーズをとる美術モデル

 

   

 

< ヌードを造形美として考える >

 自然光の下で、ヌードを見てください・・・  これこそが、その人のアートセンスなのではないか!と思えることですが、造形美としてのヌードを考える(見る)ことが出来るかどうか? また、捉えられるかどうか?ということです。 人によっては、ヌードを自然な姿として ”かけがえのないもの”として捉える方もいます。 いずれにしても、ヌードが単なる好奇心の対象から知的好奇心の対象へと換っていく過程を考えてのことです。 常識的でなく不道徳な絵に見えますか?・・・ヌードが常識的でなく不道徳なというなら、それはそれでいいのですが、ただ、常識的でなく不道徳なだけで終わらせてしまったら、人がこれまで育んできた文化はとても詰まらないものになってしまいます。 性的欲求の対象でしかないなら、ちょっと格好悪いんじゃないか・・とも思うからです。 造形美として見ることは難しいかもしれません。 それでも、自然な姿として見ることは出来ると思います。 自然光の下で、ヌードの美しさを見てください。 クロッキー会へ出かけてみてはいかがでしょう。 薄暗いところで見るアート作品と、昼間に自然光の中で見るヌードはまったく違ったものに見えてくるものです。 アート空間における、美しいヌードのコラージュ画像、新たな自分探しの旅に出かけられたらいかがでしょう。

 

 

   自然光の下で見るヌードポーズ 紅葉写真 好奇心が目覚めるヒップライン

 

モデルとは、その存在感をアピールしているのでしょうか、全身を使った表現というものはそういうものなのでしょうか、時にはこちらに尻を向けるような恣意に行うこと的なポーズをとることもあります・美しいヌード。

 

 

真っ赤な公園の秋 恣意に行うこと的なモデルのポーズ 存在とアピールする花の画像

Home    サイトマップ    自分を知ること   自分の目が捉える美しさ   水彩のように見える   ヌードこそ堂々と・・   お洒落なコラージュ画像   感覚だけで見るヌード   おもちゃ箱の中   壁紙に使えます   ブティックのショーウィンドー  背景は夜景を使う   雰囲気が大切な画像   造形美として考えるとき   同性のヌードは描きません   感性も踊る   プライベートな空間を演出する  自然を背景にした絵画 昼下がりの憂鬱   力強く説得力のある   天井に浮かぶ   ブルーの空を背景に