美しいヌード セピア色の空間を演出するヌード

女性のモノクロ画像

 

   

< 昼下がりの憂鬱  >

 セピアな空間を演出する美しいヌード・セピアに加工したヌード・・  タイトルが「昼下がりの憂鬱」ではテレビドラマのようではありますが、そんな感じがしたのでこのタイトルにしてみました。 憂鬱としてしまうと、このヌードのモデルになってくださった方に失礼な気もしないではないのですが、優雅な大人の女性を感じさせるようなヌードでもありますね。 画像の編集加工をセピアにしてから、コントラス効果を使いくっきり感を出してみました。 カラーとモノクロ加工は問題はないのですが、このセピアにする場合は気をつけた方がよいと思います。 画像の印象がボケてしまうからです。 セピアした後に、ぼやけた感じがするなら、シャープ効果を使う手はありますが、コントラストを上げることが編集加工としては基本となります。 シャープ効果・シャープ効果の注意点であれコントラスト調整であれ、これらの画像編集は画質の劣化を招きますから、編集する際には細心の注意が必要です。 アート的な感覚が優勢されている画像であれば、写真の細かなニュアンスは気にならないこともあります。 その場合は、思い切った加工が出来ます、劣化は考えなくてよいのですから。 ・・・「昼下がりの憂鬱」とするより「セピアな空間を演出するヌードアート」とした方がよかったですかね・・・美しいヌードにみる「自分の形、心の形」の再発見。

 

  

 モランディーという画家はほとんど知られていない。 その理由は、ユダヤ系イタリア人であり、フランスの画壇など華々しいエリアには近づかなかったことにある。 かなりの人間嫌いであったともいわれているが、それはたぶん、人間関係が苦手であったのかもしれないし、ユダヤ系であったことから、異邦人的な疎外感の中にあったとも考えられる。 絵画そのものにも飾り気はなく静かで瞑想するような印象がある。 主義主張が前面に出てくる時流の中にあって、プリミティブな画家であったり、既成概念からの脱却を図るフォーヴィズムな画家達が台頭する中で、それらの影響をほとんど受けなかった画家なのかもしれない。 同時期のイタリアにおけるデ・キリコやカッラなどで知られる「形而上的な絵画」ともかなり違っている。 このモランディーを最初に認めるようになったのが、作家や詩人であったこともアンリ・ルッソーが認められていった経緯と似ているかもしれない。 それでも、セザンヌからは厳しいコンポジションを学んだと言われているが・・

 

 

   ふくよかなチェスト 少女の画像 美しいヌード鉛筆画・真横からのポーズ

 

 

 

  

女性ヌードモデル画像はもとより、近場の渓谷の写真も載せてます。

渓谷 美しいヌードモデルの正面図 水のある渓谷

Home    サイトマップ    自分を知ること   自分の目が捉える美しさ   水彩のように見える   ヌードこそ堂々と・・   お洒落なコラージュ画像   感覚だけで見るヌード   おもちゃ箱の中   壁紙に使えます   ブティックのショーウィンドー  背景は夜景を使う   雰囲気が大切な画像   造形美として考えるとき   同性のヌードは描きません   感性も踊る   プライベートな空間を演出する  自然を背景にした絵画 昼下がりの憂鬱   力強く説得力のある   天井に浮かぶ   ブルーの空を背景に