美しいヌード 癒しの空間を演出する

美しいヌード

 
和服の店

 

   

 

< 癒しの空間を演出する >

 中性的なヌード ・・  女性の美しいヌードなのですが、男性にも見えます。 中性的なヌードだから、”癒し”という寛いだ空間を生むのでしょうか。 何だか、お地蔵さんを見ているようでもあります。 癒しの空間を演出すること、それは性別に拘らないことはもちろん、すべてに拘りを持たないことかもしれません。 癒しというのは、中性的な男女の意識を感じさせないところにあるのかもしれません。

 精神的に豊かであることと癒しの空間を演出することはほぼ同様のこととなります。 癒しではなく、モデルの強調的なポーズを前にして絵を描くこともあります。 平常心であれば、何らかの同様はあるのでしょうが、作品制作を前提としてることもあり、日常的な好奇心から開放されてるのでしょう。 知的好奇心全開といえば格好よいのでしょうが、(動じる?)余裕もないというのが本当のところです。 ヌードでれば当然なのですが、 流れるフォルム ヌード。 セレブな趣味を感じさせないとよいのですが、ゴールドなヌードベールの向うに女性ヌード・・・趣味世界です。 江戸時代を思い起こさせる商人の女将を思わせる女性像。 モデルのポーズする際の基本です・・・ ヌードこそ堂々と・・。 恥ずかしがってポーズすると、厭らしく見えてくるのがヌードです。  意味が分かりませんが、 感覚だけで見るヌード。 これはもっと意味不明です・・・おもちゃ箱の中のヌード。 ヌードを造形美として考えるとき、常識的な美意識から開放させるときでもあります。 理念の問題ではなく、趣味の問題です・・・ 同性のヌードは描きません

 

  

 

      尻を突き上げてポーズする・腰の姿 尻の割れ目 腰のくねりと量感

 

女性ヌードの部分を切り取ったような画像が並びます。 それなりの実体験に基づいた視覚的記憶がないと分からないような画像になっていると思われます。 女性ヌードの写真を多く見ていても、ここにある画像は見え難いのではないかと思います。 なぜなら、ヌードの女性を目の前にして描いてるわけですから、物理的(デジタル)な記憶ではなく、視覚的にリアルな記憶がなければ見えないと思われるからです。 昼間、(自然光の下で)女性ヌードを観察した者にしか見えない絵なのではないか・・・と思います。 ・・・上の絵にしてもですが、癒しの空間を提供しようと思って描くことはありませんし、また、このサイトを載せているわけでもありません。

コラージュ画像

 

 

 管理人の性格をそのまま表してます。感性も踊るヌード。 プライベートな空間を演出することは、とても大切なことです。 モデルに対する気遣いでもあり、ムード作りでもあります。 インスパイアされるポーズとは、制作者が指示するポーズではなく、ステージの雰囲気がモデルのポーズを創っていきます。 その意味でも、空間の演出は重要です。 当サイトでは最も多く画像を載せてる・・・自然を背景にしたヌード。 ドラマのタイトルではありません・・昼下がりの憂鬱。 原画にはこのような説得力はないのですが、コラージュすれば(ソフト内で化学反応を起こします) 力強く説得力のあるヌード。 ほとんど、非日常の世界ですかね、天井に浮かぶヌード。 

南の海を想わせるポーズ 顔を振り返るポーズ 聖なる領域。足と足との間と下腹部

{ Home }   サイトマップ   ヒステリックな女性の顔   花模様のドレス   男性のような女性   絵画における和洋折衷   レトロでアナログなイメージ   水彩画のように見える絵   鉢に腰掛けた少女   冊子の文章とネット上のテキスト   襖に落書きする   音楽と絵画の違い   イラスト的ヌード   癒しの空間を演出する  古民家の梁の美しさ   素材を提供する   オブジェとして   直線と曲線   切手とかアルバム立てとか   ショッピングモール   日陰のヌード   ヌードの体のライン   クロッキー&デッサン   モデルとの対談   ヌードのコラージュ   ヌードのイメージ画像   美しいプロポーション   モデルと制作者コミュ   アルバムの作成   裸婦の体のライン   自分を知ること   少女的な印象   極上のヌード   フランス人 モデル