美しいヌード 美術モデルと向き合うこと

トルコ・ジュータン

 

   

 

< 淑女のイメージ >

  大正時代の耽美的な感じ・・・ 美しいヌード、いろいろ迷いながら、「淑女のイメージ・純日本的なイメージ裸婦のイメージ」などというタイトルはどうでしょう。 大正文化の耽美的な感じがしないではありません。 ドラマというか、背景には物語があるようですね。 この大正時代に、文学でも装飾的な美術品にも、魅力的な物が多くあるように思います。 ヌードとトルコジュータンとの合成画像ですが、このジュータンは模様的にも色合いとしてもとても興味深いものがあります。 その日、展示されていたキルトといわれるジュータンのようでもあり敷物的な感じもする分厚い布類も多くありました。 トルコ・イスタンブールといえば、地理的には東洋と西洋の架け橋的存在であり、宗教的にはイスラムとローマ正教の影響が強く、様々な大国の支配を受けていた時期もあり、自らが大国であった時代もあることから、文化的にはもちろん、装飾的な(ジュータンなどの)美術品にも歴史の深さを感じさせます。  ・・・淑女のイメージ画というより、憂いある女性セミヌード画というところでしょうか。 ・・・この美しいヌード絵はイメージで描いてます、撮影モデル・美術モデルと向き合って描いてません。

 

 

   淑女をイメージしたクロッキー コラージュ画像 美しいヌード鉛筆画・下腹部

 

 

 

  

肩にかけた和服 腰のライン 淑女を黄葉のコラージュ画像

{ Home }   サイトマップ   真摯に向き合う姿   創造的・クリエイティブ   魅了するポーズ   淑女のイメージ   イエローなグリッド   格闘技   和装花柄に埋れる   カラーとモノクロ   白黒画像の極意 劇画的   茶室のヌード   アジサイの香り   アングルを縦長に   少女的な印象   アート的視点で見る   理性的な視点で見る   無秩序な秩序   モデルの体重   裸婦の撮り方   好き嫌いの分かれる   心地良い