ヌード 美術モデルと向き合うこと

日本的な空間と美術モデルの幻影

 

   

 

< 茶室のヌード>

 茶室と美しいヌード、質素でかつ贅沢な空間 です。 妖艶な空間をつくるヌード癒しの空間を演出するヌード詩的夢空間としてのヌードなど・・に二枚の画像による合成画が織り成す空間。 ヌード オレンジの灯の下であったり、ブルーな空間 理想と憂鬱憂鬱という現実であったりと。  ・・ 昭和の民家で撮った画像とヌード画を融合させれば、茶室にヌードが浮かび上がってくるような幻影を思わせる画像が出来上がります。 「茶室のヌード」というタイトルにしてます。 女性ヌードを透けるようにして窓の外の緑がしっかり見えているところが、非現実の世界を想わせます。 ヌードにあたるオレンジ色の光の柔かさが、茶室という質素でかつ贅沢な空間をつくっていきます。 茶室の写真とヌード画のボリュームとテクスチャア(肌合い・質感)が協調しているかのようです。 不健康な ”怪しさ”はないと思います。 不健康であってもよいのですが・・・。

 

 

   鉛筆画 緑が美しい仙川の春 美術モデル・乳房のスケッチ

< 美術モデルと向き合うこと>

絵を描くという行為において、以前こう描いて上手くいったから今日もそうしよう・・ということなら、そこそこの作品にはなるのですが、それでは ”詰まらない作品”になってしまいます。 それで、美術モデルと向き合うまで、何をどのように描くか決めないようにしてます。 その瞬間でしか描けないような、アドリブ的な描き方にもなります。 それは、新たな反応の仕方と出会うことであり、真の意味での楽しみでもあります・アート的視点で見るヌードでもあり、視点を変えることによって新たな感覚との出会いも生まれてきます。 

 

t type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

 

  

日本で最も美しい寺・豪徳寺 パステルを薄く塗った美術モデルを描いた作品 存在感・赤と白のポピー

{ Home }   サイトマップ   真摯に向き合う姿   創造的・クリエイティブ   魅了するポーズ   淑女のイメージ   イエローなグリッド   格闘技   和装花柄に埋れる   カラーとモノクロ   白黒画像の極意 劇画的   茶室のヌード   アジサイの香り   アングルを縦長に   少女的な印象   アート的視点で見る   理性的な視点で見る   無秩序な秩序   モデルの体重   裸婦の撮り方   好き嫌いの分かれる   心地良い