美しいヌード 美術モデルと向き合うこと

自然光が差し込むテラスでポーズ

 

   

 

<アングルを縦長に切る>

 美しいヌード作品制作にあたって、写真でも絵でも、アングルの切り方は重要です。 上手に切ろうと思えば、風景写真であればアングルの角に入る輪郭を気にする必要はありますが、感性(感性が先行する人たち)で撮ろうと思えば、細かなことはまったく気にしないで撮ります。 絵でも同様なことはありますが、絵であれば描かなければよいわけですから、そのような問題は起きてきません。 このヌード画ではアングルを縦長に切ってます。 映画であれば横長の画面にはなりますが、縦長の画面はありません。 その理由は、人の目は横についてるわけで、視覚的に横には強くても縦には弱いことがあるからだと思います。 横長の画像・画面は一見して把握できますが、縦長であれば(数秒ですが)時間がかかります。 そういうことも理由としてあるのかもしれませんね、原則として横長の画像・画面が多いのは。 ・・・一般的言えば、風景は横長に、人物は縦長に撮ったり描いたりすることが多いと思います。 美術モデルを描くにも、縦長に描くことが多いのですが、それではディスプレイに展示する際には載せ難くなります。 そういう理由もあって、(デッサン紙・画材を)横長にとって、美術モデルと向き合うことになったりします。

コラージュ画像

 

   美しいヌード・後ろから見た図 紅葉と景色 背中から腰にかけてのライン

 

 

 

  

秋の景色 城をこちら側に向けるポーズをとる美術モデル アングルにはみ出す・花の顔

{ Home }   サイトマップ   真摯に向き合う姿   創造的・クリエイティブ   魅了するポーズ   淑女のイメージ   イエローなグリッド   格闘技   和装花柄に埋れる   カラーとモノクロ   白黒画像の極意 劇画的   茶室のヌード   アジサイの香り   アングルを縦長に   少女的な印象   アート的視点で見る   理性的な視点で見る   無秩序な秩序   モデルの体重   裸婦の撮り方   好き嫌いの分かれる   心地良い