美しいヌード 美術モデルと向き合うこと

 
日本の絵柄を背景にするクロッキー

 

   

 

< アート的な視点で見る >

  野蛮さを押さえ込む理性的な視点で見るヌード・・・  一方では、単なる好奇心の ”目”ではなく、知的好奇心の ”目”を持つことが必要と言ってますが、そんなに難しいことではなく、ごく自然な ”目”で見ることを言ってます。 自然な目とはどのような目かといえば、命あるもの全てに感謝する目であり、自然な在りのままの姿・自然な姿 ヌードをそのまま受け入れる目とも言えます。 高尚な目を言っているのでもなく、研ぎ澄まされた感性の目を言っているのでもありません。 元々、人が具えているだろう目のことを言っているのであり、余計な纏(生後につけたアカ)を削ぎ落とした目と言えるかもしれません。 アート的な視点で見る美しいヌード・・・新たな感性が必要なのではなく、身(目)に付けたアカを洗い落とすことではないかと思います。 また一方では、(欲求という)野蛮さを押さえ込む理性的な視点をもった目と解釈することも出来ます・・・美術モデルと向き合うと、様々な想いと心理・理念が交錯します。 また、セルフターマーを使って、自分自身をモデルにして撮ってしまう女性カメラマンもいます・・・セルフも辞さない女性心理

 

 

   美しいアート・ヌード 存在感のある青いアジサイ 視点は背景

 

 

         <スポンサーリンク>

 

  

散歩道・階段の道 美しいヌード鉛筆画・クロッキー 下北沢のロックバー

{ Home }   サイトマップ   真摯に向き合う姿   創造的・クリエイティブ   魅了するポーズ   淑女のイメージ   イエローなグリッド   格闘技   和装花柄に埋れる   カラーとモノクロ   白黒画像の極意 劇画的   茶室のヌード   アジサイの香り   アングルを縦長に   少女的な印象   アート的視点で見る   理性的な視点で見る   無秩序な秩序   モデルの体重   裸婦の撮り方   好き嫌いの分かれる   心地良い