美しいヌード 美術モデルと向き合うこと

腺病質的なヌード画像

 

   

 

< 好き嫌いの分かれるヌード>

 絵肌とテクスチャアの好き嫌い・・・  絵肌・テクスチャアの好き嫌いがはっきり分かれそうな画像になってます。 ヌードと絵画のコラージュなのですが、女性ヌードに目をやらなければ、地図の等高線のように見えます。 線に特徴があります。 これが好きか? 嫌いか? 好みが分かれそうですね。 また、古い絵画が出てきて、無数のひび割れが入っているような感じもします。 紙であれ、キャンバスであれ、背景色の黄ばんだ感じがよい意味でも古さを感じさせますし、馴染みやすさも同時に感じさせそうですね。 美しいヌードに見えるかどうかということばかりではなさそうです・・・

好き嫌いの分かれるアートとして ”代表的な例” は エゴン・シーレの作品にあるようです。 腺病質的な印象が我慢できない・・・などという方もいます。 また、パール・クレーを観ていると(あの無邪気さが)イラつくといった方もいました。 個性的であれば必然的に起こることですが、自身の感覚を逆なでされるようなことになるのかもしれません。 色や形の創る生理現象というものがあるのでしょうし、それらに反応する心理的要素も絡んでくるのでしょう・・・

 

 

 

   制作者の好きな美しいポーズ 江戸時代の民家の写真 好きな写真

 

美術モデルと向き合って描いた画像が並びます。 ・・・古さといえば、下には古民家の画像が並びます。 古民家とはいっても、時代的には江戸中期から大正時代にかけての比較的新しい建物で、その建物はそのまま立っているということではなく、例えば、富山県にあった合掌造りの古民家を民家園などで全国から集めて展示しているといったようなことです。 古民家の多くは、一旦ばらして、他の地域で復元しているといのが現状です。

 

         <スポンサーリンク>

 

  

水車小屋 美しいヌード鉛筆画・人体デッサン 多摩川の川面

{ Home }   サイトマップ   真摯に向き合う姿   創造的・クリエイティブ   魅了するポーズ   淑女のイメージ   イエローなグリッド   格闘技   和装花柄に埋れる   カラーとモノクロ   白黒画像の極意 劇画的   茶室のヌード   アジサイの香り   アングルを縦長に   少女的な印象   アート的視点で見る   理性的な視点で見る   無秩序な秩序   モデルの体重   裸婦の撮り方   好き嫌いの分かれる   心地良い