ヌード 美術モデルと向き合うこと

薄暗い灯火

 

   

 

< 心地良いヌード >

  美しいヌードであるかどうか、自分の感性に心地良いヌードかどうか・・・ この画像からは、ほとんどヌードは見えてきません。 背景に僅かにそれらしきものが見えるだけです。 ヌード画と電灯の灯のコラージュです。 電灯の灯のために、ヌードが隠し味として使われてる程度ですかね。 ここのコラージュ画像の多くは、その意味を考えれば、何が何だか分からないものばかりです。 あるコンセプトをもってしてコラージュをしているわけではありませんし、アート感覚を満たせば、その意味はなくとも、面白いじゃないか・・・ということで合成してます。 意味を考えないで、心地良ければそれでよい!ヌード合成画像ということでしょうか。 風景撮るときも人物を撮るときも、難しいことは考えてません。 自分の感性に心地良いかどうかを基準にして撮っているように思います。 絵を描く場合も、心地良さがいつも優先しているようです。 ・・・現実は、美術モデルと向き合ってみれば分かることですが、心地よさを感じているような ”余裕”はないと思います・・・ヌードモデルの存在感に圧倒されることと、それを紙面に残さなければならないと考えるからでしょう。

 

 

   ヌード鉛筆画・心地よい腰の姿 インテリアが派手な店 尻の穴が見えるポーズ

 

 

         <スポンサーリンク>

 

  

派手な出入り口 たっぷり感があるプロポーション スタイリストとお店の窓

{ Home }   サイトマップ   真摯に向き合う姿   創造的・クリエイティブ   魅了するポーズ   淑女のイメージ   イエローなグリッド   格闘技   和装花柄に埋れる   カラーとモノクロ   白黒画像の極意 劇画的   茶室のヌード   アジサイの香り   アングルを縦長に   少女的な印象   アート的視点で見る   理性的な視点で見る   無秩序な秩序   モデルの体重   裸婦の撮り方   好き嫌いの分かれる   心地良い