美しいヌード

 
足と足との間が見えるポーズ

 

   

 

< 裸婦に”慣れる”ことではない >

 部分に目を奪われるのではなく・・・  実際に裸婦を前にして絵を描けば、このアングルような場面にはいくらでも遭遇するわけで、そのたびに部分に目を奪われているようでは話にならないわけです。 ここで勘違いしてはならないことは、 裸婦に”慣れる”ということじゃなく、モチーフ(裸婦)全体を(部分に目を奪われることなく)フッラトに見ようとする ”精神力”なのです。 そして、この精神力を支えるものは、美意識、哲学、人類愛など、作家によって様々です。 絵であれ写真であれ、アート作品にするなら、この精神力は不可欠なものと考えてよいでしょう。 何事にも初心を忘れないことが大切なことであるように、慣れる(麻痺する)ことで良いことは何もありません。 ・・・・在りのままの自然な裸婦と向き合って思うこと、美しいヌード作品制作のために・・・自分の自然な姿は美しい?

 

 

   美術館 美しい裸婦の鉛筆画 公園の慣れた散歩道

 

世田谷美術館の写真とヌードのサムネイル画像をカラーとモノクロが交互になるように展示してます。 ヌード画像はトリミングした後に90度回転して載せてますから、ますます何が何やら分からないような絵になってます・・・美しいヌードのサムネイル画像

 

         <スポンサーリンク>

 

  

人体デッサン 太い木 女性アスリート

{ Home }   サイトマップ     作者にだけは見える   抽象画の中に見る   サイトのタイトル画像   絵の本質 ヌードの描写   シャッフルする   日本画的ヌードの絵巻物   簡素なヌード絵   色彩のシンフォニー   ヌードを眺める人   ポーズ中に睡眠したモデル   肉体のダイナミズム   詩的夢空間として   ヌード オレンジの灯の下   ブルーな空間 理想と憂鬱   エロく見える   アナログな印刷物   下手に見えるクロッキー   アナログ ファン   裸婦に”慣れる”こと   チョークアート