美しいヌード 美人ヌードモデル画像

 
色彩絵画とヌードのコラージュした画像

 

   

< ボディーペインティング >

 素肌に直接色を塗っていくペインティング・・・ 美人をモデルにした美しいヌード画と抽象絵画の合成画なのですが、まるでボディーペインティングでもしたかのように見えます。 原画のヌードはどちらかといえばデッサンに近いものであり、もちろんモノクロですから見方によっては地味な印象もありますが、抽象との重ね絵であればこのようにアート感覚のある画像へも変貌するわけです。 ヌードも抽象も管理人の作品ですから、合成画像としての相性はよさそうです。 この画像を見て、機会があれば実際にボディーペインティングを試みてみようかな・・と思うようになりました。 素肌に直接色を塗っていくわけですから、毒性のある顔料を含んだものは使えません。 それから、皮膚呼吸を妨げる恐れもあるのではないかとか、色々考えてしまうわけです。 ネットで調べたところ、三菱ペイントマーカーを使うと良い・・・と書いてありました。 この三菱ペイントマーカーは、肌に直接塗るわけですから混色は出来ませんから、原色によるアートボディーペインティングになります。 この世界もそうですが、安全が第一なのです。  ・・・・美しいヌードモデルのボディーペインティング。

コラージュ画像

 

   池のほとり ヌード鉛筆画パステル画 緑の花とカフェ

 

 

         <スポンサーリンク>

< ボディーペインティング > について・・・上の画像にもあるように、女性の素肌に直接絵を描いていくことになります・素肌美人。 ヌードにそのまま描いても薄い布を羽織っているように見えますから、そのままのヌードでは色々と問題はあっても、ボディーペインティングで差し支えないことになります。 ネットで調べたのですが、三菱のペイントマーカーを使うと良いとのことです。 水に強いとのことですが、石鹸なら簡単に落ちるところが便利ですね。 肌でも薄いところ(乳首など)に塗るとひりひり感があるようです・・・これは注意点ですね。 また、ペイントマーカーですから、混色は出来ませんね、その辺が不自由かもしれません。 したがって、原色のまま勝負できるようなアート作品が良いようです。 それにしても、男性が女性の体に描くのであれば、モデルは裸なのですから、ヌードクロッキー同様、セキュリティーや室温など様々な気配りが必要ですね。 まぁ、それ以前に、描かせてくれるモデルさんを探すのが難しいかも・・です。

モデルのうつろな表情 美しいヌード鉛筆画・尻 足腰の陰影の描写・ペインティング

{ Home }   サイトマップ   ボディーペインティング   花束   アート的な画像ですが   合成して化ける画像   影絵のように   極上   3分ポーズ   時代は100年前   エントランスに浮かぶ   画像の展示   ダイヤモンドの輝き   襖に描かれた   チェリスト   ユニセフ募金 ”痛い”   日本の風情   風鈴の音が聴こえて   カルチャー   フュージョン   エスニック   エスプリ