美しいヌード 美人ヌードモデル画像

 
眩しいほどの花模様

 

 

< アート的な画像ですが・・ >

 視覚的に満足できるアート的な美しいヌード画像・・・ 美人ヌードモデルと花の合成画像なのですが、ヌード画にはそぐわない写真を合成しているようです。 この花の名前は分かりませんが、花屋さんの店頭で撮った画像でして、試しにヌード画とコラージュさせてみたのですが、アート的画像と考えればそれなりに見れるのですが、ヌードに注目すれば、何が何だかわけの分からないような図にってしまいます。 アート的には成功しても、コンセプトのない、それ自体に意味のない画像ということになりますね。 アートであると考えれば、視覚的な満足が得られれば、そのもの意味などを考えなくても良いのですが・・・

 花には花でないような花も多くあります。 このコラージュの背景となっている(たぶん)花はもしかすると花ではないのかもしれません。 花屋さんに売っているからといって必ずしも花であるとは限りません。 その形状は、アート的というよりも蜂の巣のようにも見えます。 バストのボリューム感と独特な花のディテールのマッチングはよさそうです。 この花を撮影したのは、新玉川線と世田谷線が交差する三軒茶屋駅の世田谷通りと246が交差する三角州のようなエリアになっている場所にあります。 花屋さんというよりも、露天商に近い感じのお店です。 ・・・ところで、世田谷線ですが、乗って儲かったと思える電車です。 京王線駅・高井戸から三軒茶屋までを往復するように走る二両編成の車両は昭和を想わせる懐かしさ溢れる電車です。 近場の方は、一度乗ってみたらどうでしょうね、途中に位置する小田急線・豪徳寺駅とも交差してます。 途中下車して、(ブルーに見える屋根を有する)豪徳寺の美しさを見てみるのもよいでしょう。 世田谷でのオススメのコースです。 三軒茶屋は、246が(バイパスのように)上を通らなかったら、(下北沢のように)ちょっと趣きある街となっていたと思われます、ちょっと残念ですね。

人体デッサン画像 肉体のライン 人物クロッキー 人体クロッキー

 

         <スポンサーリンク>

 

   アート的な生け花 豊満なバスト 花束

 

アート感覚を磨くには、常に緊張感の保てる空間・制作現場・ステージを作ること、設定すること、参加することです。 写真を見ながら絵を描くことよりも、風景にせよ人体にせよ、実物を前にして描くことです。 これは、生な物を前にするという(存在感を感じるという)緊張感も大切なのですが、時間制限が加わることによって、最も大切な ”筆”に勢いがつくことなのです。 なんといっても、生身の美しい女性ヌードモデルを前にすれば、モデルからも描く絵は見えていることですから、プレッシャーに近い緊張感は保てますし、モデルと制作者が一対一であれば、裸のモデルと空間を共有することにもなります。 体温や息遣いの伝わってくるステージにもなります。 写真を見ながらであれば、明日にするかぁ!ということになりますが、生身のモデルであれば、(肉体は日々変わっていくことでもあり)明日はないのですから・・・瞬間瞬間が勝負であり、同じポーズ・ポージングは二度はないと思えば、いやがおうにも緊張感は高まります。

 

         <スポンサーリンク>

 

ヌードアート作品 赤の鮮やかな花 人物画

{ Home }   サイトマップ   ボディーペインティング   花束   アート的な画像ですが   合成して化ける画像   影絵のように   極上   3分ポーズ   時代は100年前   エントランスに浮かぶ   画像の展示   ダイヤモンドの輝き   襖に描かれた   チェリスト   ユニセフ募金 ”痛い”   日本の風情   風鈴の音が聴こえて   カルチャー   フュージョン   エスニック   エスプリ