美しいヌード 裸婦モデル

  
刺青を入れたヌード

 

   pe="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">

 

< 極上のヌード >

  ディスプレイと美しいヌードを合成・ディスプレイに映すヌード・・ コラージュ画像として最高の出来なので「極上のヌード」というタイトルにしてみました。 花のディスプレイとヌードを合成してみたところ、偶然なのですが、このような画像が出来上がりました。 合成画象に凝り始めた "キッカケ”となった作品です。 原画のヌード画像そのものがかなりリアルな画像であること、花のディスプレイを重ねることによって刺青のような鮮やかさを醸し出していることなどにより、刺青を入れた女性ヌード写真・刺青に見えるヌード画のように見えます。 刺青というよりは、ボディーペインティングのようですね。 女性の肌の質感や量感などはしっかり出てますが、生の肌を感じさせない分はフィット感のあるボディースーツを羽織ったセミヌードとも言えますかね。  ・・・極上のヌードというよりも「極めつけのヌード ヌードモデル画像」でしょうか。

 

「極上のヌード」反り返るポーズ

 

 「極上のヌード」という言い方を自分ですのは変なことです。 モデルの人体造形を褒めていると考えれば良いのでしょう。 このような瞬間しかポーズできないような図を絵にするには、写真を撮ることだと考えてます。 携帯ではちょっと無理がありそうですが、デジカメならば十分です。 出来れば、一眼レフで撮った写真をできるだけ大きな画面に再現して、それを参考にしながら絵にすると良いでしょうね。 このポーズでは、モデルが維持できるのはせいぜい3秒位と思います。 また、注意点としては、できるだけ離れて撮影することです。 近くで撮ればデフォルメしてしまいますから。 デフォルメを絵画的に面白さとして活かす方法もありますが・・

 

 

   薄暗い森公園 極上の美術モデル 花の写真

 

 

         <スポンサーリンク>

 

  

ネット上の記事で見かけたのですが、今の40代の人たちが今の20代の人たちから ”ウザイ”と思われるのは・・・今の40代の人たちはバブル期を20代で迎えた人たちなのですが、贅沢を自慢することがステータスになった時代なのです。 食べ物であれば、美味しいものを食べたことがあるかどうか、また、知っているかどうかと言うことをとても問題にするのです。 っで、今の若者に自慢するのですね、それらしい店に連れて行って、「こんなに美味しいものは初めて食べたのではないか・・・」などと。 極上とかステータスとかビンテージもの・・・などという言い方を好む世代でもあります。 でも、ちょっと考えてみれば分かることですが、いずれも自身の内側にあればよいことで、もの(例えば、高級車やブランドもの)などで飾ることではないと思いますが・・・

視覚デザイン 水彩画のエッセンス エッジとエッチ面を意識したクロッキー

{ Home }   サイトマップ   ボディーペインティング   花束   アート的な画像ですが   合成して化ける画像   影絵のように   極上   3分ポーズ   時代は100年前   エントランスに浮かぶ   画像の展示   ダイヤモンドの輝き   襖に描かれた   チェリスト   ユニセフ募金 ”痛い”   日本の風情   風鈴の音が聴こえて   カルチャー   フュージョン   エスニック   エスプリ   クロッキー&デッサン   モデルとの対談   ヌードのコラージュ   ヌードのイメージ画像   美しいプロポーション   モデルと制作者コミュ   アルバムの作成   裸婦の体のライン   自分を知ること   癒しの空間を演出する   少女的な印象   フランス人 モデル