美しいヌード 裸婦モデル

世紀末の絵画を感じさせる画像

 

   

 

< 時代は100年前 >

 美しいヌードと建築物のコラージュ・・・ 美人ヌードモデルをクロッキーした画像にヨーロッパの建築物・建築様式をコラージュしてます。 アート感覚としては100年前を思わせます。 1900年くらいでしょうか、世紀末の絵画が "流行った”ときでもあり、装飾的な意味ではアールヌーボーからアールデコの時期でもあり、一方ではピカソやブラックの出現からキュビズムとい新たな方法論が提起されたり、社会的にも激動の時代へ突入していきました。 聖職者・貴族や一部の権力者のものであったアートが、一般庶民にもその恩恵を授かれるようになったことでしょうか。 装飾品というアート作品も、大量生産による粗製乱造がその価値自体を落としていった時代でもあります。 誰もが持てるようになることが、皮肉なことに、その価値自体を下げてしまうことにもなるのですね。 ・・・美しいヌードと建築物のコラージュですが、時代感覚は100年前です。

 

褒めようのない絵

 パステルで描いた人物画と秋の森の写真を並べて載せてます。 森の中の静かな空間を感じさせる写真が女性の肖像画と不思議にあっているように思います。

 

 

   100年前のポーズ 人体デッサン 人体の素描

 

 

         <スポンサーリンク>

 

  

尻の凹凸 美しいヌード鉛筆画・足を開いた状態にのポーズ 赤と緑の自然なデッサン

{ Home }   サイトマップ   ボディーペインティング   花束   アート的な画像ですが   合成して化ける画像   影絵のように   極上   3分ポーズ   時代は100年前   エントランスに浮かぶ   画像の展示   ダイヤモンドの輝き   襖に描かれた   チェリスト   ユニセフ募金 ”痛い”   日本の風情   風鈴の音が聴こえて   カルチャー   フュージョン   エスニック   エスプリ