美しいヌード 裸婦モデル

アート的な画像

 

   

 

< エスプリ >

 美しいヌード 裸婦モデルに描かされてる。 エスプリ・・・ エスプリをきかす、エスプリに富む・・などという使い方をします。 エスプリ・ヌーボーは、新しい精神を意味し、1930年以降にフランスで始められた芸術的展望を意味してます。 上の絵は、ヌード画と日本的模様の融合となってますが、従来の日本画的な色合いと西洋美術の手法を用いた人体描写を合成することによって、「エスプリが溢れた、エスプリを感じさせる・・」」アート作品になってると思います。 女性のポーズ自体にもエスプリを効かした精神や機知、才気を感じないでもありません。 モデルとしての資質の高さがそのままヌード・ポーズに現れているとも言えます。 その意味でも、制作者が描いているというよりは、ヌードモデルに描かされてるというのが ”現実”かもしれません。 当サイトでも最も多くモデルをされている美人ヌードモデルを描いてます。 その姿の存在感の ”凄み”は伝わるでしょうか・・・エスプリをきかせた作品から・・・ポエジーなヌード想いと祈り・自然をテーマにした 。 人も自然の一部と考えますが、自然とヌード人体芸術人体肉感という官能美刺青とタトゥー。  花のプレゼントモミジ。 人自然のコラージュを載せながら 芸術とアートについて考えてます。  怪しい・・作品ではありません。 モーツァルトを聴きながら    

 

芸術とアート

 

<スポンサーリンク>

 

   エスプリをきかすモデルポーズ 刺青の写真 正しい姿勢のヌード

 

美しいヌードを見てみたいと考えることは(特に男性にとっては)誰氏にも共通していることと思います。 単に観てみたいということだけではなく、絵にしてみたり写真にとって見たり、作品として残せるものにすることは、アート制作者としてのセンスはもとより経験や人望も備わってないことには成り立ちません・・・男性制作者にとっては、(多くの場合は)モデルは女性なのですから、ヌードであれば無防備な状況でもあり、室内空間であれば気温などには特に気遣う必要があります・作品制作の場モデルの安全性。 また、簡単に覗かれてしまうような場であっても困るわけですから、様々な意味でのセキュリティーの心得が必須です。 写真にするのであれば、その写真の保存方法にも多くの問題が生じてきます。 絵であれば、モデルには肖像権は発生しませんし、個人を限定することも出来ませんので、問題はありませんが、写真であれば著作権は制作者にありますがモデルの側に肖像権はありますし、顔を写っていれば個人は限定できるわけですから、撮影現場はもとより、写真の保存方法とその写真の使われ方にはそれなりの気をつけなければなりません。 ・・・すべては、モデルと制作者の信頼関係・モデルと制作者のコミュの上に成り立つことではあります。

 

 

  

森と屋根の写真 ヒップのデッサン画像 赤い女性モデル・赤い橋

{ Home }   サイトマップ   ボディーペインティング   花束   アート的な画像ですが   合成して化ける画像   影絵のように   極上   3分ポーズ   時代は100年前   エントランスに浮かぶ   画像の展示   ダイヤモンドの輝き   襖に描かれた   チェリスト   ユニセフ募金 ”痛い”   日本の風情   風鈴の音が聴こえて   カルチャー   フュージョン   エスニック   エスプリ