美しいヌード

芸術的な印象ある人物

 

   

 

< フランス人 モデル >

  動きの繊細さ・フランス人 モデル・・・ 先日、護国寺クロッキー会 に行ったときのフランス人の美しいヌードモデルさんです。 簡単に言えば、絵が下手なのでしょうね、とっても美しいモデルさんであったにもかかわらず、この絵ではそれほど美しくは見えません。 たぶん、踊りとかバレーを仕事にしているのでしょう、筋肉の付き方が ”普通の人”ではありませんでした。 それと、骨格の違いを感じましたね、男性的な感じがしました。 その日の最後はムービングになったのですが、その動きの繊細さは、今までに経験したことがなかった雰囲気を醸しだしてました・趣向をもつデッサン会。 ムービングとは、スローモーションで動く感じですかね、動きの中の瞬間を捉えていくような感覚で描いていきます。 ・・・フランス人のモデルさん、ムービングの際は、その動きの美しさに見とれてしまって、絵を描くのを忘れ、魅入ってしまいました。 その日のムービングは絵にしてません。 上の絵は、ヌードでの10分の固定ポーズです。 「美しいヌード絵で見るカタカナ語辞典」に登録しておきたい語が多く出てきました。 フランス美術モデルクロッキーポエジーなヌード、ムービングなどですかね。 ところで、この「ムービング」なのですが、ワールドな言語なのでしょうか? 英語圏でもそういう言い方は通じるのでしょうか。 もし、日本でだけ通じるのであれば、 ”絶妙”なカタカナ語とも言えます。 ちなみに、美術モデルをクロッキーすることを、「ヌードモデルクロッキー」とか「アートモデルクロッキー」などという言い方をしますが、そのような言い方(語)は英語圏では存在しても、別の意味になっていると思われます。 ヌードモデルという言葉自体が、原型という意味であって、(必ずしも)人を指してませんから。

 

褒めようのない絵

 

 

   フランス人モデル・わきの下 刺青のように見える写真とヌードの合成作品 造形美・寝転がったポーズ

 

この日のクロッキー会でもう一つ感じたことは、モデルのポーズ位置が床の高さそのままだったことです・ステージを用意する。 普通なら、20〜30cmくらいの高さの台の上でポーズするのですが、この日は(このクロッキー会は)床の上にシート張ってその上でポーズしますから、描き手と同じ高さです・作品制作の場。 っで、当然のことながら、イーゼルを使って描く人たちも多いのですが、床にスケッチブックや和紙などを開いてその上で描く人も多くいました。 床に直に座りながら絵を描いている姿は、子供時代を思い出し、絵を描く原点とも思えます。 その意味でも、いい体験が出来たと思います・市民デッサン会に参加。 フランス人モデルさんにしても、ポーズし易かったような印象を受けました。

この日のフランス人のモデルさんが最もフランス的な人であると勝手に決め付けてしまうのも、たぶんそれは、フランス人やフランスを知らないからなのでしょう。 日本と言う国は島国でありほぼ単一民族ですから、大陸に位置する(例えば、フランスという)国の民族構成などというものは想像もつきませんし、ましてその文化に至ってはモノの本で知ることは出来ても実感としてはまったく分かりません。 それでいて、この日のモデルさんを(フランスの方ですと紹介されれば)やっぱりそうなんだと納得してしまう自分がいるわけです。 違った意味で同じようなことが起こります・・・日本映画であれば、登場人物を間違えるようなことはありませんが、外国映画だと誰が誰なのか分からなくなってしまうことがあります、見慣れていることと見慣れてないとの違いかもしれません。 当然のことながら、美しいヌードに国境はありません。

絵画と裸の合成画 美しいヌード鉛筆画・Vゾーン フランス人モデル・絵画・オイルパステル画

{ Home }   サイトマップ   エキゾチック   エア   エコ   エゴ   コンセプト   ポップ   ボディー   ポテンシャル   ポエジーなヌード   コレクター   フランス人 モデル   中腰のヌードポーズ   セクシー   フランス   精密な印象を受ける絵   ムード   3分で描く   コンディション   絵日記のようにして描く   ボリュームとテクスチャア   クロッキー&デッサン   モデルとの対談   ヌードのコラージュ   ヌードのイメージ画像   美しいプロポーション   モデルと制作者コミュ   アルバムの作成   裸婦の体のライン   自分を知ること   癒しの空間を演出する   少女的な印象   極上のヌード   フランス人 モデル