美しいヌード

感性だけで描く絵

 

   

 

< コンディション >

  その日その瞬間のコンディション・精神の安定と拠所・・コンディションの意味は、一般的には、人の状態の良し悪しについて使っているようです。 「状態」という意味で使われるカタカナ語(辞典)で、馬場コンディションといえば、サラブレッドが走る競馬場の馬場状態のことを言います。 ・・・美しいヌード・美人モデルを前にして、ヌードを描くことですが・・・その日のコンディションというものはあります、これはモデルにとっても描き手にとっても。 この絵はクロッキー会に参加して描いてますが、コンディションがよかったのかそうではなかったのか、よく分かりません。 一生懸命に、モチーフ(ヌード)を捉えようとするのですが、捉え切れません。 描けば描くほどにゴチャゴチャになってしまいます。 受ける感覚ばかりが先行して、手の動きが着いていきません。 とにかく、へんてこりんな絵になってますが、これはこれでよいと考えてます。 それらしく描こうと思えば描けるのです。 以前に描いたように、手が覚えていたように、描くことは出来ます。 それはけっこう辛いことでして、それをやってしまうと絵を描くことが苦痛になってくることもありますし、描く気が失せてくることにもなります。 以前上手くいったからといって、前に戻ってそれを繰り返さないこと、これは絵を続けていくことでとても重要なことと考えてます。 その日その瞬間のコンディションに素直に従うことなのでしょうか。 美しいモデルを美しいヌードに描けるこは偶然であり、そういう日があれば、もうけた!と思って、全力で立ち向かうことです。

 

褒めようのない絵

 

 

   肉体的コンディションのよいモデルの腰の姿 深い色の秋 柄の綺麗な画像

 

子供の頃に経験した「吃音 ( きつおん ) 症・言語障害の一種」を思い出しました。 頭の回転に口の回転が着いていかず、もどかしさばかりがつのる・・そんな想いです。 それでも、「吃音 ( きつおん ) 症のような絵」というタイトルにはできませんから・・・コンディションがよかったのかどうか、ヌードポーズをとられるモデルさんとの相性もあるかもしれません。 それと、久しぶりのクロッキーだったこともあって、「今日はこうして描こう・・」とうテーマをもって臨んでいなかったことが原因してるかもしれません。 少し調べたのですが「恐れるからドモルのではなく、ドモルからより緊張してその場を恐れる」のだそうです。

 

 

         <スポンサーリンク>

 

人体造形 コンディションとディスプレイ 胸のライン

{ Home }   サイトマップ   エキゾチック   エア   エコ   エゴ   コンセプト   ポップ   ボディー   ポテンシャル   ポエジーなヌード   コレクター   フランス人 モデル   中腰のヌードポーズ   セクシー   フランス   精密な印象を受ける絵   ムード   3分で描く   コンディション   絵日記のようにして描く   ボリュームとテクスチャア