美しいヌード 鉛筆画・クロッキー・デッサン

ヌード・フォーカスのとり方

   

美しいヌード  < 画材について >

上の絵は、厚手のデッサン紙にATAEDTLER製の鉛筆とチャコールペン(6B)で描いてます。 鉛筆とはいっても、2B、4B、6B、8Bを使い分けてます。 Uniが無難な感じもしますが、ATAEDTLER製は粘り強い感じがあり筆力が必要かもしれません。 強く重ね描きしたときに、鉛筆ではテカテカ感がありますが、チャコールペンではそれがありません。 鉛筆とチャコールペンを同時に使用する場合は、紙の表面に表われる質感の違いに気をつけたほうがよさそうです・画材を工夫する ヌード

モノクロ・ヌード画を描きたいのであれば、黒のコンテ(固めのパステルのような感じです)を使ってみのも面白いと思います。 デッサンといえば、木炭で描くことが多いのでしょうが、ここで載せてる絵は木炭で描いたものはほとんどありません・・・木炭は、固めのざらつき感のあるものは(値段は安いのですが)使いづらく、軟らかめ(柳を材料としたもの)がよいと思います。

   < 鉛筆画・クロッキー・デッサン >

紙は、スケッチブックとして綴じれるものがよいでしょう(保存するにも持ち運びにも便利)。 デッサンやクロッキー用の紙には色々あって・・・50シートくらいをスケッチブックとして束ねたものがもっとも使いやすいのですが、紙が薄いため作品とするには不十分で、あくまでも練習用と考えます。 しっかり描くのであれば、厚手の紙がよいと思われます。 水彩紙でもよいのですが、たくさん描くのであれば紙代が高くつきます。 滑々感のあるものから凸凹感の強いものまで、色々試してみることです。

また、基本的には(鉛筆画であっても)消しゴムは使いません。練り消しを使います。 消しゴムを使うと紙の表面が剥げ落ちてしまいます。 テクスチャ(質感・肌合い)を壊してしまい、紙の表面を汚くしてしまうからです。 ・・・美しいヌードクロッキー・デッサン制作のための画材について。

              <Next>>初心者が学ぶデッサン

 

プロポーション 知識 vs 視覚 アートモデル 個性的であること

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com