美しいヌード モデルへのインタビュー

恥ずかしい・モデルへのインタビュー

   

 

「恥ずかしいと思うことは?」

制作者 「ヌードになることを恥ずかしいと思うことはありますか?」

モデル 「普通に外で歩いているときなどは、肌が見えてしまう(露出度が高い)ような格好はしません。 また、キャピキャピしたような服装もしませんね。 (世間一般の)色々な人がいるようなところではヌードになるつもりはありませんし、ヌードになることを考えたこともありません。 ただ、アート空間を前提とするなら、恥ずかしいと思うことはまったくないですね。 それに、女性ヌードという殻を見せているだけで、内面のプライベートなところまで見られているわけではありません。 自らの自然な在り方を表現していると考えれば、内面にある美意識や哲学をヌードという造形美を通して見せているとは言えますが・・ヌードを造形美として考える自然とヌード

制作者 「私は男性ですから、女性ヌードには特別な好奇心がありますし、その好奇心が絵を描かせるとも言えます。 その ”制作者の好奇心の目”についてはどのようにお考えですか? 実際にモデルをしている際にどのように感じてますか?」偏見とタブー・変な好奇心

モデル 「先ず、制作者に協力している・・という意識が強いですかね。 自分のヌードをとおして作品が出来上がっていくとが楽しみです。 単に”厭らしいだけの目”と ”アート感覚の目”とは感覚(本能)的に分かるような気がします。 ”厭らしいだけの目”をもった人を制作者には選びませんし・・」アート的視点で見るヌード

制作者 「人には色々な感覚を持った方がいますし、男感覚と女感覚でも違うと思います。 男性(制作者)からみた女性ヌードについては・・・普段はけっこう H 感覚でいることもあります、それを”健康なこと”と考えてください(^、^)。 ところが、描こうというモードに入ったときは、いわゆる H 感覚はなくなってますね。 なくなっているということはないのでしょうが、押さえ込まれているといったほうが正しいのでしょう。 描くという行為において、観察力が全開になってるからでしょうか、また、そんな(H 感覚になるような)余裕もないのでしょうか、目の前に見えるヌードを自分の感覚で紙面(スケッチブック)に収めることに精一杯ですね。 また、モデルの方がアート感覚に長けてる方であれば、出来上がる作品は目の前に見えてしまうわけですから、制作者としてはかなりの緊張感があります。 それに、期待されてるわけですから、それに応えなくては・・というプレッシャーがあるのかもしれません」

モデル 「そうなんですか・・・男性の感覚というものはよく分かりませんね。 制作者の緊張感というか本気モードというか、鉛筆の走る音でそれを感じることがあります。 そういういい意味での緊張感のある空間でポーズをとることに心地よさを感じるのですが・・」プライベートな空間を演出する

・・・ つづく ・・・ 「美術モデルをされるときに、気をつけてることは?

 

モデルとして気を付ける事 ヌードポーズについて 男性モデルについて クロッキー会に参加する人

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com