美しいヌード モデルへのインタビュー

ヌード・モデルへのインタビュー

   

 

< クロッキー・デッサン会に参加する人のマナーについて >

制作者 「ヌードクロッキー・デッサン会といわれるものは、そのほとんどが都市部にしか存在しません。 参加される会員数の問題、交通費を考えればモデル派遣料の問題、ヌードに対する偏見のことなども考えられます・偏見とタブー・変な好奇心。 開催される地域や主催者にもよるのでしょうが、中高年者が6割、若い人たちは多くても4割、男性が7割、女性は3割というとこでしょうか。 彼ら(彼女ら)のマナーについてはどのように感じられてますか?」初心者が学ぶデッサン
        ⇒ < 開催内容についてはこちらをご覧ください >

モデル 「クロッキー会でのモデルとしての参加はほとんどありませんが、マナーに?の付く人のほとんどは男性ですね。 女性ヌードを観に来ているんで、描きに来ているんじゃないなぁ・・と感じることはあります。 台の上に立っていると、どの人がどのくらいのアート感覚で描いているのか・・だいたい分かるものです、勝手な想像ですが。 描き位置は自由に選べるようになっていることもあって、そんなところから描くかぁ・・・と?に思うことはあります。 動作が不自然な感じがあったりします」

制作者 「確かに・・・妙にキョロキョロして目線が落ち着かない人はいますね。 これはマナーの問題というより、美意識の問題ですかね。 私も男性ですから、ヌードを見たいという気持ちは十二分に解るのですが、もう少し上手にアーティストを装えばよいとも思います。 異性(または同性)のヌードを見たいという欲求は誰にでもあるのでしょうから・・」

・・・ つづく ・・・ 「ヌードを練習と考えるのか、作品と考えるのか

 

 

練習?それも作品? 周りの人は知ってますか? ポーズへの拘り アート作品とは・・

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com