美しいヌード モデルへのインタビュー

ヌード・モデルへのインタビュー

   

 

< ヌードを練習と考えるのか、作品と考えるのか >

モデル 「クロッキーやデッサンを練習と考える人もいます。 アクリル・油絵やアニメなどを制作するためのトレーニングと考えてるようです」

制作者 「人それぞれ色々な目的があることとは思います。 私に関して言えば、練習と思って描くことはありません。 それは裸婦に限らず、すべてのモチーフを作品にするつもりで臨んでます」

モデル 「とっても嬉しいことです。 練習としてのヌードモデルではなく、作品にしてもらいたいと思ってますから」

制作者 「石膏デッサンであれば練習でもよいのでしょうが、生身の女性がヌードで目の前でポーズしてるわけですから、練習じゃ勿体無いように思います。 また、ポーズするモデルに対しても失礼なことと思います」 

モデル 「私の体験からは、練習だから・・・と仰る作家さんには尊敬できる方はいなかったように思います。 この人はスゴイ!と感じる方はみな本気モードで取り組んでいただけたように記憶してます」

制作者 「 ・・・ 」

・・・・ つづく ・・・・「ヌードモデルをしてること、周りの人は知ってますか?

 

モデルへのインタビュー

 fujii mihaku氏のヌード画です。 この絵は、観察力で見ているというより、モデルになりきって描いていると思えるところが不思議ですね。。

・・・・ つづく ・・・・「ヌードモデルをしてること、周りの人は知ってますか?

 

周りの人は知ってますか? ポーズへの拘り アート作品とは・・ モデルをして得したこと

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com