美しいヌード モデルへのインタビュー

モデルの資質と才能を考える

   

 

< ヌードポーズ、様々な趣向 >

モデル 「ヌードを造形美としてトータルに考えるからなのでしょうか、部分を強調するようなポーズはとりません。 ヌードも自然の一部と考えることもあって、ポーズもできる限り自然さを出せるように心掛けてます。 それも、自分の内側から感じる(見える)自然さではなく、描き手にとっての”自然さ”を考慮してポーズをとるようになってきました」

制作者 「描いてるつもりが、実は、モデルに描かされてるんですね・・」

モデル 「 ・・・ 」

制作者 「ネットの中だけでも、これはいいヌード画だなぁ・・と思うことがあります。 ほとんど線描きに近いヌードであったり、女性作家のクロッキーであったり、女性の陰部がやたら強調されている作品であったりと・・・色んな感性と趣向、ときには性癖までをも美しく見せる作家がいたりします。 よっほど女性好きなんだなぁ・・・と思える人もいれば、タブーへの挑戦であったり、精神の(性への)歪みを美しく見せていたり・・」自分を知ること自分の目が捉える美しさ

モデル 「才能のある人にかぎって、他人の才能に憧れたり嫉妬したりするみたいですね・・」

制作者 「 ・・・  ポーズ付けに拘る作家もいれば、モデル任せにする作家もいます。 ステージに工夫が凝らされていたり、野外で自然を背景にしての制作もあります。 何をどう描こうが、結果として美しく見せれば何でもありなんじゃないかと思います。 その意味でも、タブーなどと言われるものはないのでしょうね」

・・・ つづく ・・・・「 ヌードを知的好奇心の対象として考える

 

モデルへのインタビュー

 fujii mihaku氏のヌードデッサン。

・・・ つづく ・・・・「 ヌードを知的好奇心の対象として考える

 

 

知的好奇心 むだ毛とヘアーについて インタビューを終えて・対談・後記 コラージュ作品展

Copyright higasi.com All Rights Reserved
email teh6452@gmail.com